ベッドで腰痛を感じる方必見!今すぐ出来る対策方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Mic445

ベッドで寝ようとすると腰が痛くて眠れない・・。

 

腰痛がひどい人だと良くある事ですよね!

 

私も腰痛持ちなので、痛い程わかります!

 

特に、私は旅行先が和室でいつものマットレスでは無い時に

腰痛に悩まされる事も多いです。

 

そこで、今回はベッドで腰痛を感じた時に

今日から出来る2つの対策についてご紹介したいと思います!

 

ベッドで腰痛対策!私のオススメは?

ベッドで寝る時に腰に違和感を感じて

なかなか寝付けない時ってありますよね。

 

そんな時に今すぐ出来る対策として、おすすめなのが、

 

 

 

膝を曲げて膝裏にクッションを挟む事です!

 

 

 

 

え?そんだけ?

 

と思った方、舐めたらアカンですよ!

 

実はコレ、思っている以上に効果的なんです。

 

ベッドで寝ている時に腰が痛いというのは

多くの場合、ベッドが硬くて腰が浮いてしまっている状態です。

 

なので、仰向けで寝ている時に膝を曲げ、膝の裏にクッションを挟む事で腰が沈み、

ベッドとの密着度が上がるので腰痛が緩和されます。

 

試しに今、床に仰向けになって寝てみて下さい。

 

ただ、まっすぐ足を伸ばすよりも確実に膝を曲げた方が、腰が楽になるはずです。

 

実はこんな簡単な事で腰痛を和らげる事が出来るんです!

 

ベッドでの腰痛対策におすすめな寝姿勢!

 そしてベッドでの腰痛対策として、おすすめなのが

 

寝姿勢を見直す事です。

 

先ほどご説明した仰向けで寝る方法でも

いまいち効果を感じられないという方は今日から

身体の右側を下に横向きに寝て見て下さい。

 

これで、腰痛が大分楽になるはずです。

 

どういう事かというと、実は横向き寝って

身体に一番負担が少ない寝方なんです。

 

横向き寝は腰への負担が最も低い体勢な為、

腰痛に悩む方には一番おすすめの寝方です。

 

ポイントは身体の右側を下にするという事なのですが、

これは各内臓器官の出口が右側にある為、消化に良く、

内臓の負担を軽減出来る為、腰の痛みを軽減すると同時に

内臓への負担が軽くなるという事で安眠効果がとっても高いんです!

 

ベッドでの腰痛対策として、根本的な解決方法は?

 ベッドでの腰痛対策として、今すぐ出来る

応急処置的な対策方法をご紹介させて頂きましたが、

根本的な解決方法としては、マットレスを変えるべきだと思います。

 

そもそも、ベッドで横になると腰が痛くて眠れないというのは

マットレスが完全に身体に合っていない証拠です。

 

なぜなら、ベッドというのは腰も含めた身体全体を休ませる場所なのに、

ベッドで寝ると腰が痛いというのはあってはならない事だからです。

 

仰向けの時に膝を曲げたり、横向きに寝たりというのは

非常に効果的な方法ではありますが、あくまでに一時的なものになります。

 

毎日のベッドで寝る時に腰痛を気にしない様にする為には

自分の身体に合ったマットレスを使う事が最大の対策という事は間違いありません。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 

なんとなく効果ありそうな気がしませんか?

 

実際は応急処置的な意味合いが強いのですが、

現在進行形でベッドでの腰痛に悩まされているのであれば

即効性抜群なので、是非試して見て下さい。

 

ただ、あくまでも応急処置の様なものなので、根本的な解決方法としては

マットレスを自分の身体に合ったものに変えるべき

なのは間違い無いです。

 

このサイトでは、実際に腰痛持ちでマットレス選びに命をかけている私が

快眠の為のマットレスの選び方やおすすめのマットレスについて

いろいろご紹介しているので是非、参考にしてもらいながら、

あなたの身体にぴったりなマットレスを見つけてみて下さい

>>管理人が最も腰痛改善におすすめするマットレスのレビュー記事はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>