腰痛に悩む人必見!今日から出来る、腰が痛くならない正しい寝方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Vive La Palestina

寝る時に腰が痛くて、色々と寝方を試してみるけど、

どういう寝方で寝れば腰が痛くならないのかって

実は良く知らなかったりしますよね。

 

でも、正しい寝方を知らずに適当な寝方で過ごしていると

場合によってはさらに腰を痛めてしまったりと

腰痛の悪化の原因にもなってしまいます。

 

そこで、今回は腰痛に悩む人の為に

腰が痛くならない寝方についてご紹介したいと思います。

腰が痛くならない寝方とは?

 

あなたは普段寝る時、どんな寝方をしていますか?

 

仰向けですか?

うつぶせですか?

それとも横向き寝ですか?

 

実は、これらの寝方の中でも腰痛の方にとって

正しい寝方と、絶対にやってはいけない寝方があります。

 

腰痛を悪化させる絶対にやってはいけない寝方とは?

 

腰痛の方が絶対にやってはいけない、

腰痛を悪化させてしまう寝方・・・・

 

それは

 

 

 

 

うつぶせ寝です。

 

 

 

 

 

あなたがもし、うつぶせ寝で寝ているのであれば

今日から止めましょう。

 

うつぶせ寝は確かに、内臓を隠す事が出来る為、

心理的に安心感のある寝方ではあります。

 

また、適度に内臓を圧迫する為、

胃腸が改善されるメリットなどもあります。

 

しかし、お分かりだとは思いますが、

うつぶせで寝ると、腰が反りすぎてしまって

腰痛を悪化させてしまうのです。

 

いかに、安心感や胃腸改善のメリットがあっても

腰痛が悪化するのであれば、やるべきでは無いですよね。

 

腰が痛くならない正しい寝方とは?

 

それでは逆に、腰痛の人にどんな寝方がおすすめなんでしょうか。

腰が痛くならない正しい寝方・・・。

 

 

それは

 

 

 

 

 

横向き寝です。

 

 

 

 

 

 

そうなんです。ちょっと意外かもしれませんが、

横向き寝が腰痛の方にとっては一番おすすめな寝方なんです。

 

実は横向き寝は、仰向けやうつぶせ寝と比べても

最も身体への負荷の低い寝方となっています。

 

仰向け寝と比べても、背骨にかかる体重の負荷が軽くなる為、

腰への負担も確実に軽くなります。

 

さらに、少し足を曲げ、足と足の間に

クッションを挟んであげると両足の間に隙間が出来ず、

寝ている時の背骨がまっすぐ水平になる為、

さらに負担を軽減する事が出来ます。

 

なので、腰痛持ちで腰が痛くならない寝方をお探しの方は

今日から横向き寝で寝る事を意識すると

腰の痛みが和らぐかと思います。

 

腰が痛くならない寝方【番外編】

 

横向き寝が良いといわれながらも

出来れば仰向けで寝たい・・。

 

という方も少なからずいると思います。

そこで、仰向け寝でも腰の負担をかるく出来る方法についても

ご紹介したいと思います。

 

それは

 

 

 

仰向けの状態で膝を少し曲げ、

膝の裏にクッションを挟む事です。

 

 

 

 

実際に仰向けの状態で試してもらうと分かるのですが、

仰向けの状態で膝を立てると腰が寝床と密着します。

 

これにより、腰が浮かなくなる事で

腰の休ませる事が出来る為、腰痛を緩和する事が出来ます。

とても簡単にできる事なので、是非試して見て下さい!

まとめ

いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか。

 

今回は腰が痛くならない寝方についてご紹介しましたが

寝る事で腰に痛みを感じてしまう方は

まずはマットレスや布団を変える事が一番だと思います。

 

特に、畳や床に布団を1枚敷いて寝ている人は

完全に腰を痛めつけてしまっているので

厚みのある、体圧分散性の高い布団をおすすめします。

 

参考程度に、私のおすすめの敷き布団をご紹介すると

雲のやすらぎという敷き布団がおすすめです。

 

これは厚さが17cmという極厚なので、

畳や床に敷いても底付き感がありません。

 

さらに、腰に集中しがちな圧力を

身体中に均等に分散させる体圧分散性もばっちりなので

腰痛に悩んでいる人には本当におすすめです!

 

他の記事でも色々と紹介しているので

是非、参考にしてみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>