サルでもわかる!低反発と高反発の違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: André Silva

マットレスを選ぼうと思った時、低反発と高反発で

どっちがいいのかわからないと思った事は無いですか?

 

低反発はすごく有名だけど、最近はテレビやデパートなんかでも高反発って言ってるし、

 

「結局どっちがいいの?!」

 

なんて事になっちゃているんじゃないかと思います。

 

また、正直、低反発と高反発って

なんとなく低反発が柔らかくて、高反発は固いと思ってはいても

それ以外に何が違うのかわかる人って少ないんじゃないでしょうか。

 

という事で、今回は快眠に命をかけているこの私が

マットレスを選ぶうえで知っておくべき低反発と高反発の違いを

出来るだけわかりやすくご紹介しちゃいます!

 

ポイントは反発力と寝返り

 

さて、低反発と高反発の違いについてなのですが、

ズバリその違いは「反発力と寝返り」です。

 

ざっくりと言えばそういう事なのですが、

 

「それだけじゃわかんないよ・・!」

 

という声が聞こえてきそうなので、

まずは反発力の違いから簡単にご説明します。

 

低反発マットレスとは?

まず、低反発マットレスの具体的な特徴についてなのですが、

ズバリ、高い衝撃吸収による体圧分散性と最高の寝心地です。

 

低反発マットレスは元はNASAが打ち上げの際の

宇宙飛行士の衝撃を和らげる為に開発した素材でした。

 

打ち上げ時の衝撃を和らげるなんて発想で生まれた素材と聞くと

なんだか低反発素材がすごいものに聞こえてきますよね(笑)

 

この低反発素材を使った低反発マットレスの特徴としては

圧力により、形が変化した後、ゆっくり復元するという事です。

 

ゆっくり復元するという事がポイントで、

例えばバネの様な反発力の高い素材を想像して見て下さい。

押すと同じ力ですぐに返ってきますよね?

 

低反発素材は上述の通り、元は打ち上げの時の

衝撃を和らげる為に開発されたものなので、

圧力を受けて形が変わっても、すぐには反発はせず、

ゆっくりと復元する事で衝撃を吸収してくれる特徴があるのです。

 

低反発マットレスはこの特徴を利用して、

寝ている時に体にかかる圧力を分散する事が出来るのです。

 

どういう事かというと、

人は仰向けになる時にお尻と肩胛骨が出っ張ってしまいますよね?

 

そうすると、地面などの固いところに仰向けになると

圧力を分散する事が出来ず、出っ張っている

お尻と肩胛骨に圧力が集中してしまいます。

 

低反発マットレスであれば、圧力のかかりやすい

お尻と肩胛骨の形に合わせつつ、

ゆっくりと復元する力で体全体を支える事で

体にかかる圧力を体全体に均一に分散させ、

一箇所に圧力がかかる事を防いでくれます。

 

また、低反発マットレスは体の形に合わせて

マットレスが沈む為、本当に体が包まれる様な感じがして寝心地は抜群です。

 

今まで固いベッドで寝ていた方には衝撃的な

寝心地なんじゃないでしょうか。

 

とまあ、こうやって説明すると、

低反発ってすごくない?って思いませんか?

 

そうなんですよ。

 

低反発は結構出来る子なんです。

 

じゃあ、高反発はそうじゃないの?

と言われそうですが、

 

いやいやいや

高反発も十分できる子なのでご安心を。

 

高反発マットレスとは?

 

さてさて、次は高反発マットレスについてなのですが、

これは正に低反発とは逆の発想で作られています。

 

具体的な特徴としては、寝返りの打ちやすさ体圧分散性ですね。

 

寝返りの打ちやすさ

 

低反発マットレスは上述の通り、ゆっくりと復元する為、

マットレスが体の形に沈んだまま、包まれる様に眠れるのですが、

体が沈んでしまう分、寝返りが打ちづらいという特性があります。

 

高反発マットレスは正にこの点を改善したマットレスです。

 

どういう事かと言うと、

 

例えば、めちゃめちゃフカフカで柔らかいソファを想像してみて下さい。

 

このソファに座ると、体が深く沈みこんでお尻も柔らかくて

すごく気持ち良いですよね?

 

でも、このソファから立ち上がろうとしてみて下さい。

 

ちょっと力が入るのがわかりますか?

 

そうなんです。

 

柔らかすぎて反発力が低いと立ち上がる時に

反動を利用出来ないので、「どっこいしょ」って

力をいれないと起き上がれないんですよね。

 

これが、寝ている時の寝返りにも深く関係してくるのです。

 

低反発は素材が衝撃を吸収してしまう為、

寝返りを打とうとすると無駄なエネルギーがかかってしまうんですね。

 

そうすると、無駄なエネルギーをつかってしまう為、

翌朝に疲れが残ったりするというわけです。

 

逆に高反発マットレスは名前の通り、反発力が高い為、

復元力が高く、圧力がかかると押し返す力が働きます。

 

その為、寝返りを打つ時も無駄な力がいらず、

自然に寝返りを打つ事が出来るんですね。

 

体圧分散性について

 

高反発マットレスのもう一つの特徴が

優れた体圧分散性です。

 

別の記事でも紹介していますが、

マットレス選びについて最も重要な要素は

この体圧分散性と言っても過言ではありません。

 

どのくらい重要かと言うと、

 

ドラゴンボールの世界で言う、ドラゴンボールくらい重要ですね。

 

つまり、無いと話が始まらないというレベルの重要さです。

 

高反発マットレスも低反発マットレスと同様に、

高い体圧分散性を持っています。

 

仕組みとしては、三次元にからまった

高反発素材の繊維があらゆる角度から

体全体の体重を支える為、体にかかる圧力を

均一に分散してくれるという事です。

 

例えば、剣山の剣に指1本で圧力をかけると

簡単に指に穴があいちゃいますよね?

ところが、体全体で寝転がると全く穴は開かないどころか

むしろツボ押しマッサージみたいで気持ちいいですよね?

 

ここで言う剣山が高反発マットレスという感じですね。

 

大きな違いは寝返りと寝心地

 

さて、ここまて低反発と高反発の特徴について

ご紹介させて頂きましたが、簡単にまとめてみたいと思います。

低反発マットレス

良い点
・体圧分散性が高い
・寝心地が良い

悪い点
・寝返りが打ちづらい

高反発マットレス

良い点
・体圧分散性が高い
・寝返りが打ちやすい

悪い点
・寝心地が固く感じるかも

 

まとめ

 

かなり長々と書いてしまいましたが、

 

大体の特徴はご理解頂けましたでしょうか。

 

正直私は想像以上に説明するのが大変だったので

結構クタクタになっています・・・。

 

さて、色々とご説明してきたうえで

低反発と高反発の違いを私なりにまとめてしまうと

要は寝心地は柔らかくて寝返りが打ちにくいか、

寝心地は固いけど、寝返りがうちやすい

ですね!

 

ぶっちゃけここはもう好みの問題です!

 

ちなみ私は以前は低反発使っていましたが、

今は高反発を使っています。

 

低反発に特に不満があった訳では無いのですが、

高反発も良さそうだなと思って買い換えてみました!

 

ただ、ここは完全に個人的な見解になりますが

目覚めは高反発のが良いですね。

 

すっきりと目覚めますし、体もかなり軽いです。

逆に低反発は朝、気持ち良くてベッドから出たくないです・・笑

 

また、腰痛の方にはどちらかというと高反発マットレスをおすすめしています。

 

低反発でも良いのですが、体重の重い人とかだと

腰が無駄に沈んでしまって悪化する可能性もあるので

確実に反発して体圧分散してくれる高反発マットレスの方が

腰痛持ちの人にはおすすめです。

 

こういった特徴も踏まえて、個人的におすすめなマットレスを

別の記事でご紹介していますので

ご興味のある方は是非、確認してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

反発力と硬さで選ぶマットレスおすすめ・ランキング

自分に最適なマットレスを選びたいけど、低反発だったり高反発だったり、いろんな種類がありすぎてどれが良いマットレスなのかわからない。とお悩みではないでしょうか。

確かにマットレスは様々な種類があって悩んでしまいますよね。しかし、マットレスを選ぶうえでの重要なのは

  • マットレスの反発力
  • マットレスの硬さ
  • マットレスの耐久性

の3つしかありません。

この3つの要素をもとに、マットレスのおすすめをまとめましたので。ぜひ参考にしてください。


ランキングを見る

コメントはこちらからどうぞ

  1. 低反発マットレスは、復元力が低いと説明されてますが、それは一昔前の話です。いまアメリカでは、ジェル結晶を使った低反発マットレスが開発され販売されてます。ジェル結晶は、圧力が、かかると柔らかくなるとゆう性質を利用しています。ジェル結晶の、濃度により硬くしたり、柔らかくしたりできるので、これからの素材として有望視されています。
    ただ高額のためあまり知られていないのが実情です、じょじょに価格はさがってきています。

    1. コメントありがとうございます!

      ジェル結晶を使った低反発マットレスというのは初めて聞きました!
      今度見かけた際にはぜひ試してみたいと思います^^

  2. 低反発で休んでいました
    何も知らなくてこれでいいと思いましたが よく寝返る私にわ合ってなかったみたいです
    今度、高反発を試してみたい

    1. コメントありがとうございます!
      私も腰が痛くて低反発マットレスを使っていたのですが、
      気持よく寝れたのは最初だけでしたね・・。

      高反発マットレスは寝起きが本当に軽いです。
      個人的には腰痛が気になる人は極厚の雲のやすらぎがおすすめですが、
      ザ・高反発マットレスを味わいたいということであれば、西川エアーかエアウィーブがおすすめです!

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>