【絶対に知っておくべき】低反発マットレスが腰痛を悪化させる仕組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
adobestock_46402714-compressor

最近、テレビ通販で低反発マットレスの紹介をしていますよね。テレビを見る限りはすごく腰にも良さそうで、腰痛に悩む身としてはその効果が気になるところかと思います。

結論から言うと、低反発マットレスは腰痛の方にはおすすめできません。テレビ通販の宣伝を鵜呑みにするのは危険です。

こちらの記事では低反発マットレスが腰痛の方におすすめできない理由と、腰痛の方におすすめのマットレスについてご紹介していきます。

マットレス選びの参考になるかと思いますので、ぜひ読んでみてください。

低反発マットレスの特徴とは

低反発マットレスが腰痛の方におすすめできない理由を紹介する前に、まずは低反発マットレスの特徴についておさらいしておきましょう。

低反発マットレスの特徴といえば、反発力の低いウレタン素材でできていること。この特殊なウレタン素材により、お尻などの身体の出っ張った部分が沈みます。この時、身体の形に合わせてマットレスが沈むため、身体全体がマットレスに包まれるような感覚になります。このマットレスに包まれる感覚が低反発マットレスが寝心地良いと言われる理由ですね。

また、低反発マットレスは身体の形に合わせてマットレスが沈むため、身体全体がマットレスに接地することになります。結果、身体の出っ張った部分である腰と肩甲骨に集中しがちな圧力を、身体全体の「面」で捉えることで圧力を身体全体に分散することができるのです。

もし、これが硬いせんべい布団であれば、肩甲骨や腰など出っ張った部分が沈まなくなります。すると、背中や腰の部分が浮いてしまいますよね。そして、腰が浮いていると、腰の筋肉を休めることができません。そのため、腰の筋肉に負荷がかかって、腰痛を引き起こしてしまうのです。

なぜ、低反発マットレスは腰痛を悪化させてしまうのか?

低反発マットレスの特徴を見ると、低反発マットレスは体圧分散もできて腰痛にも効きそうな気がしてきますよね。しかし、そんな低反発マットレスには大きな欠点があったのです。それが、低反発マットレスは腰が沈みすぎてしまうということなのです。

低反発マットレスは腰が沈み過ぎてしまう

実は、低反発マットレスはその特性上、腰部分が沈み過ぎてしまうため、腰痛を悪化させる可能性があります。

しかし、テレビや広告で見る体圧分散の図では、腰が沈み過ぎているということもなく、身体全体に圧力が分散されていますよね。その理由は、低反発マットレスで寝た瞬間の体圧分散を図にしているためです。

低反発マットレスは寝始めは身体全体にフィットすることで高い体圧分散性があります。しかし、低反発マットレスは反発弾性が低いため、時間がたつごとに腰などの重い部分が沈んでいってしまうのです。つまり、実際に低反発マットレスに寝てしまうと、10分後には腰が沈んできて寝姿勢がくの字になってしまいます。結果、腰に大きな負荷がかかるため、腰痛を悪化させてしまうのです。

テレビや広告では、寝た瞬間の体圧分散の図を紹介しているため、一見綺麗な体圧分散になります。しかし、実際に寝てみると腰が沈み過ぎて体圧分散がうまくいかなくなるというわけです。

これが、低反発マットレスを腰痛の方におすすめできない理由ですね。

腰痛の方には高反発マットレスがおすすめ

もし、あなたが腰痛に悩んでいるのであれば、低反発マットレスではなく、高反発マットレスがおすすめです。

この章では、なぜ腰痛の方におすすめなのかをご紹介していきます。

高い反発力で適切な寝姿勢を維持してくれる

高反発マットレスは低反発マットレスの逆で、高い反発力が特徴です。ポイントは適度に沈みながら、一定のポイントで止まること。そして、高い反発力で身体を支えてくれることです。

例えば、低反発マットレスを指で押すと、ぐっと沈んで、ゆっくりと元に戻ります。ゆっくりと戻るのは反発力が低いためです。逆に、高反発マットレスを指で押すと、ぐっと沈んで、指を離すとそのままくっついてきます。つまり、圧力がなくなれば即座に復元する高い反発力を持っているのです。

では、実際に寝てみるとどういう効果があるのでしょうか。

高反発マットレスに仰向けに寝ると、身体の出っ張った部分はぐっと沈みます。結果、低反発マットレスと同じように身体全体がマットレスに接地するため、身体全体に圧力を分散することができます。

最大のポイントはそこから沈まないということ。高い反発力のおかげで、時間がたっても腰が沈み過ぎることなく、お尻をしっかりと支えてくれます。そのため、1日寝ていても適切な寝姿勢を保つことができ、腰に負担をかけることがなくなるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。腰痛の方が低反発マットレスを使うべきではない理由はご理解いただけたんじゃないかと思います。

腰痛の方にとって、マットレス選びというのは死活問題です。失敗しないように、あなたの状態にあったマットレスを選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

反発力と硬さで選ぶマットレスおすすめ・ランキング

自分に最適なマットレスを選びたいけど、低反発だったり高反発だったり、いろんな種類がありすぎてどれが良いマットレスなのかわからない。とお悩みではないでしょうか。

確かにマットレスは様々な種類があって悩んでしまいますよね。しかし、マットレスを選ぶうえでの重要なのは

  • マットレスの反発力
  • マットレスの硬さ
  • マットレスの耐久性

の3つしかありません。

この3つの要素をもとに、マットレスのおすすめをまとめましたので。ぜひ参考にしてください。


ランキングを見る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>