1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫反り腰でも気持よく寝れる!今すぐできる反り腰の時の寝方とは?

反り腰でも気持よく寝れる!今すぐできる反り腰の時の寝方とは?

反り腰のせいで気持ち良く眠れない・・!腰の痛みでなかなか気持ち良く寝れないと本当に気分が滅入ってしまいますよね。

腰の痛みというのはなかなか治らず、ある程度付き合い方をしっておく必要があります。そこで、こちらの記事では、反り腰の腰の痛みでなかなか眠れないという方のために、今日からできる寝方と、反り腰を矯正する寝方についてご紹介します!

1.今すぐできる!反り腰の時のおすすめの寝方

反り腰の方は腰の痛みでなかなか眠れず、ベッドで色々と姿勢を変えてみることも多いはずです。そこで、まずは反り腰の時の正しい寝方についてご紹介していきます。

1-1.横向きに寝ると腰の痛みを和らげることができる

反り腰の方にもっともおすすめの寝方は横向きに寝ることです。反り腰は、腰が反り過ぎた結果起こる症状で、腰に負担が大きくなるため、痛みを感じてしまいます。その状態で普通に仰向けで寝てしまうと、腰が反って浮いてしまうため、腰への負担が大きくなってしまうのです。

ところが、横向き寝の場合は特に腰に負担をかけることなく、眠ることができるます。注意点としては、身体の右側を下にして寝ること。人の内臓というのは出口が右についています。そのため、左側にしてしまうと、重力に逆らう必要がでてしまい、内蔵に負担がかかるのです。

実際に横向きで寝てみると腰の緊張感が和らぐのがわかります。ぜひ、試してみてください。

1-2.仰向けで膝の下に枕をいれると腰が安定する

個人的におすすめなのが、仰向けで両膝を立て、隙間に枕をいれることです。

実際にやってみるとわかりますが、こうすると腰が反らずにまっすぐになります。すると、マットレスがしっかりと腰を支えることができるため、腰の痛みが和らぐというわけです。

これらの方法は一時的に寝付きを良くするだけで、反り腰の根本的な解決にはなりません。ただ、とりあえず腰が痛くて眠れないという方には即効性があるので、ぜひ試してみてください。

1-3.うつ伏せは絶対にやめたほうがいい

注意点として、反り腰の方はうつ伏せで眠るのはやめたほうがいいです。うつぶせは最も腰に負担がかかる寝方で、腰痛の方が絶対に避けるべき寝方なのです。

2.反り腰を矯正する寝方にはタオルが必需品!

反り腰の時にはタオルを使って寝るといいって聞いたことありませんか?実は、タオルを使うことで反り腰の痛みを和らげたり、矯正に使うこともできるのです。この章では具体的な方法についてご紹介していきます。

2-1.タオルを腰に巻いて寝ると腰が安定する

タオルを使った最も簡単な反り腰の和らげ方は、タオルを腰に巻くことです。

え、それだけ?と思われるかもしれませんが、これは非常に効果的な方法です。

反り腰の方は寝ている間にも腰を無駄にひねったりして、腰に負担をかけてしまうことがあります。寝ている間は無意識なので、どうしようもない部分ではあります。そこで、腰にタオルを巻くことで腰の動きを制限するのです。タオルをきつく腰に巻きつけ、コルセットのようにします。すると、寝ている間にも腰が動きづらくなるため、腰の動きを制限することができます。結果、寝ている間の腰への負担を和らげ、反り腰の矯正にも効果があるというわけです。

反り腰用、タオルコルセットの作り方

  1. まず、バスタオルを縦に二つ折りにします
  2. 二つ折りにしたタオルを腰からお尻にかけてキツく巻きます。
  3. 最後にタオルを外側に折って外れないようにします。
  4. 取れそうな人はテープで止めても大丈夫です。

2-2.タオルとクッションで反り腰の矯正ができる!

タオルコルセットと同様に試してみてほしいのが、タオルとクッションを使った寝姿勢の矯正です。

用意するもの:バスタオル2枚、クッション

  1. 2枚のバスタオルをそれぞれ八つ折りにします。
  2. それぞれのタオルを、左右の二の腕の下に挟みます。
  3. 最後に用意したクッションをふくらはぎの下におきます。

こうすることで、寝姿勢を整え、反り腰の矯正を行うことができます。この体勢で1周間ほど寝てみてください。反り腰の症状がよくなり、痛みが和らぐはずです。

3.反り腰を矯正するために寝る前のストレッチが重要

もし、あなたが反り腰を治したいと思うのであれば、日々のストレッチが重要になります。反り腰は腰の筋肉が凝り固まっている状態なので、毎晩寝る前に5分でもストレッチを行うことで大きく改善することができます。ここでは、効果の高いストレッチを2つだけ紹介します。

3-1.長座体前屈で腰を伸ばす

反り腰におすすめのストレッチは腰を伸ばすもの。その中でも長座体前屈は非常に効果高いです。ベッドで寝る直前にもできるので、ぜひやってみましょう。

  1. 地面、もしくはベッドの上に座り、足をまっすぐに伸ばします。
  2. 足を伸ばした状態で前屈し、手で足のつま先を触るように前屈しましょう。
  3. この時、腰のストレッチを意識して、足を曲げないようにしましょう。
  4. グッと腰をストレッチした状態で20秒待ちます。

この動作を1セットとして、毎日5セットやってみましょう。

寝る前に腰のストレッチを行うことで筋肉の凝りがとれ、先ほどのタオルとクッションを使った寝姿勢の矯正効果が出やすくなります。

3-2.胎児姿勢ストレッチで腰を伸ばす

寝る前のストレッチでもう一つおすすめなのが、胎児姿勢ストレッチ。

これも長座体前屈と同じように腰のストレッチに非常に効果的です。何よりも寝た姿勢ですぐにできるので、ストレッチを忘れてしまい、ベッドに横になったあとも行いやすいです。

  1. ベッドに仰向けになり、頭の後ろにクッションや枕をいれます。
  2. 仰向けのまま、両足を曲げ、両手をふとももに回して抱えるようにします。
  3. あごを引いて、そのままグッと両足のふとももを抱き寄せます。
  4. この時、お尻を少し浮かせて腰部分のストレッチを意識します。
  5. これを抱き寄せて腰をストレッチさせた状態で20秒待ちます。

この一連の動作を1セットとして、毎日5セット。調剤他前屈同様、これを続けていくだけで、腰の筋肉がほぐれ、タオルとクッションの反り腰矯正効果た出やすくなります。

長座体前屈よりも更に挑戦しやすいと思うので、反り腰に悩んでいる方はぜひ試してみてください!

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。反り腰の寝方の参考になりましたか?

即効性のある寝方は横向き寝。反り腰の矯正を行いのであれば、タオルを使った寝姿勢の矯正。そして、寝る前の腰のストレッチが重要です。

しっかりと続けていれば、間違いなく改善されていくので、ぜひ試してみてください!

お役に立てたらシェアお願いします!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。