1. ホーム
  2. マットレス一覧
  3. ニトリ
  4. ≫【体験談】ニトリのマットレスってどうなの?口コミと評判を徹底解説!

【体験談】ニトリのマットレスってどうなの?口コミと評判を徹底解説!

安いし、ニトリでマットレスを購入しようと思ってるんだけど、実際ニトリのマットレスってどうなんだろう。本当に買ってもいいものなのかな?

なんてお悩みではないでしょうか。

ニトリはいろんなものが安く買えて、なかなか使えるのでマットレスも良さそうな感じがしますよね!

しかし、あらゆるマットレスを試した私としては、ニトリのマットレスを購入するうえで気をつけておきたいこともたくさんあるんです・・!

この記事では、ニトリのマットレスの購入を考えている方のために、実際にニトリのマットレスを体験した私が実際に使って感じたことや不満に思ったことを実際の口コミや評判と合わせて徹底解説していきます!

ニトリのマットレス購入を考えている人は、ぜひこのページを参考にしてみてください!

1. ニトリマットレスとは?

ニトリは家具などがお手頃な価格で売られている事でよく知られていますよね。家具の総合メーカーということもあり、ニトリには種類・サイズ・お好みの寝心地に合わせて選べるマットレスが多くあるんです。

ニトリのマットレスにはポケットコイル・ボンネイルコイル・シーリーフランスベッド・低反発・高反発・ノンコイルと、合計で25タイプのマットレスが販売されています。ちなみにこの25種類の寝具のうち4分の3がコイル(スプリングマットレス)です。

2. ニトリマットレスのラインナップ

今回は私がもっともオススメする慢性的な腰痛にいいと言われている、Nスリープのシリーズを紹介します。

  • NスリーププレミアムP1-02:ソフトウレタンと、波型ウレタンのコンビネーションで寝心地がふんわりしている。
  • NスリーププレミアムP2-0230mmmの低反発ウレタンが、体のラインに沿ってフィットする、上質な寝心地が体験できる。
  • NスリープレミアムP3-03:優れた通気性と、程よい弾力性があるカルファイバー素材を使用して体をしっかり支えてくれる。
  • NスリープラグジュアリーL160mmの羽根と低反発チップのコンビネーションが、体を優しくつつみ、サポートしてくれる。
  • NスリープラグジュアリーL2;トッパーの表と裏の異なる生地で2パターンの寝心地が楽しめる。

3. プレミアム・ラグジュアリーシリーズの特徴

3.1. 2層構造のポケットコイルによる理想の寝姿勢保持

Nスリープシリーズの大きな特徴の1つが、2層構造のポケットコイルによる理想の寝姿勢保持です。Nスリープの2層構造は、やわらかい上段のコイルで、体のラインに沿ってマットレスがフィットしてくれるんです。そして下段コイルで荷重をしっかり支えます。

この上段ポケットコイルと、下段ポケットコイルの組み合わせが、ふんわりとした寝心地と、立ち姿勢と同じく背骨のS字ラインがキープされた理想の寝姿勢をキープしてくれるんです。

ちなみにニトリが販売している寝具の1番安いボンネイルコイルマットレス(ポルタ2)は、連続しているコイルが面で支えるタイプです。1層構造の面で体支えるタイプのため、硬めの寝心地で安定感があります。しかし体重のかかる腰や背中の部分が、1層構造の面だけで支えきれなくなり、沈み込んでしまうんです。

ところが、Nスリープシリーズのような2層構造ポケットコイルマットレスだとダブルで反発力が高いため、理想の寝姿勢をサポートしてくれるんです。

そのため買うなら、理想の寝姿勢が保持されないないポルタ2のような1層構造の安いモデルのマットレスよりも、2層構造でS字カーブの姿勢をキープしてくれる、Nスリープシリーズのマットレスの購入がオススメですね。

3.2. ポケットコイルによる抜群の体圧分散性

ポケットコイルマットレスは体圧分散性に優れています。ポケットコイルはコイル一つひとつが独立しているので、点で体を支えます。この独立した点は、寝ている際に特定のマットレス部分に圧力がかからず、その圧力を拡散してくれるんです。そのため体にあまり負担がかからない、心地のいい眠りが取れるようになるんですよ。

ポケットコイルはコイルそれぞれが独立しているので、ボンネイルコイルに比べて横揺れが少ないんです。

たとえばポケットコイルの上に人と、ペットボトルを隣同士に立てておきます。人がポケットコイルの上に立っても、横にあるペットボトルは、人が立っているコイルと違うコイルの上に立っているので、揺れが伝わってこないんです。独立したコイルの上にあるペッドボトルは横揺れしにくいので、倒れずに立った状態をキープしてくれます。

結果隣の人が動いたり、寝返りを打っても振動が伝わってこないため、睡眠の邪魔をされず、ぐっすり眠れます。

3.3. 抗菌・防臭。防ダニ加工のマットレスで長期間衛生的

Nスリープシリーズのマットレスは特殊加工されているので、長期間衛生的に使用できることが期待出来ます。マットレスの表面がニット生地になっているので、伸縮性が高く、抗菌・防臭・防ダニ加工されているのでいつでもマットレスを清潔に保つ事が可能になるので、より快適な睡眠が取れますね。

4. ニトリマットレスと他社のマットレスを徹底比較してみた

世の中には数え切れない程の寝具がありますよね。この章ではニトリと他の腰痛にいいと言われている、高反発マットレスをさまざまな観点から比較してみました。

4.1. 価格

腰痛持ちにオススメされている、ニトリのNスリーププレミアムの1番安いモデルはP1-02モデルです。このモデルと他の人気マットレスの値段を比べてみると、ニトリのマットレスは価格的には普通ですね。安すぎるわけでもなく、高すぎる事もないです。

ニトリといえば、安い値段で商品が売られている印象ですが、Nスリープモデルに関しては他の寝具とあまり変わらない価格帯ですね。

ただ気になる点が、ニトリのマットレスは他の高反発腰痛対策マットレスと違って、腰痛専用のマットレスではない事です。その割には、他の寝具と比べて少し高めの値段設定かもしれませんね。

4.2. 寝心地

ニトリのNスリーププレミアムモデルは、やや柔らかめの寝心地で、とても気持ちいいです。ベッドの上で寝た際に体がマットレスに沿って沈みますが、ある程度は体がマットレスに支えられている感じはします。そのため反発力はそこそこあると言えるでしょう。

またニトリのNスリープはマットレスの厚さが28cmもあるんですよ。この厚さがどの位すごいかと言いますと、薄いマットレスですと、エアウィーブで6cmしかないんですね。逆に雲のやすらぎはマットレスが厚い事でも有名ですが、それでも17cmしかないです。それに比べてニトリのNスリープは厚さがなんと28cmなんです。

どうですか?ニトリのマットレスが他に比べてどのくらい厚くて、凄いのか理解出来ましたよね?このボリュームのある厚さの上で寝ると、底つき感がまったくなく、ぐっすり眠れます。分厚いクッションの上で寝ている感覚に近いかもしれないですね。

ニトリのマットレスの寝心地に1番近かったのは雲のやすらぎでした。雲のやすらぎもニトリと同じで優しい寝心地がします。

ただし個人的な意見ですと、雲のやすらぎの方が寝心地的には好みでした。

雲のやすらぎは、本当に雲の上で寝ているかのような寝心地が体験出来るくらい、マットレスがやわらかいんです。でも寝心地がやわらかいだけではなく、体がマットレスにフィットしながら沈んでも、しっかりマットレスの芯から反発されて、体を支えてくれるのです。

ニトリのNシリーズも寝心地は柔らかめでいいんですけど、雲のやすらぎのような、雲の上で寝ている感覚とその反発力の高さとは少し違います。そのため私には雲のやすらぎの方が、体に合いましたね。

4.3. 耐久性

ニトリのマットレスは、耐久性が優れているとはあまり言えないでしょう。それは第三者機関の耐久性テストの証明書や、ウレタンの密度表記が公式サイトでも記載されていないので、マットレスの品質におそらく自信がないんでしょうね。

ウレタンの密度はマットレスの耐久性に大きく関係します。ウレタンの密度は大体15-30くらいまであるんですが、ウレタンの密度が高ければ高いほど、体をしっかり支えてくれるので、耐久性に優れるんです。

たとえばモットンは、密度30と高い密度のウレタンを使用しています。この密度の高さになると、マットレスがヘタリにくくなるんです。その証拠にモットンは第三者機関から8万回の寝がりの力を加えても、3.9%しか歪んでいないんですよ。この歪み率が低ければ低いほど、マットレスがヘタリにくい事を表しています。

その結果8-10年くらいは問題なくモットンを使用する事が出来るでしょう。

対してニトリのNシリーズは、耐久性に関わる重要な要因のウレタンの密度表記や、第三者機関の証明書がありません。実際にニトリのマットレスを使用しても、3年目くらいから徐々に反発力が減り、ヘタってきてしまう声もありました。そのためニトリのマットレスは、他の寝具に比べれると耐久性に難があるのです。

5. ニトリマットレスのいい点

私が実際にニトリのマットレスを使用してみて、よかった点を紹介します。

5.1. フワフワに包みこまれるような優しい寝心地

ニトリの公式サイトにNスリーププレミアムP1-02は硬さが「普通」と表記されていましたが、個人の意見では柔らかめの寝心地でした。体がいい感じにマットレスに沈み込み、フィット感があります。そして横向きに寝ても、そのフィット感に変わりはありません。

反発力も決して高いとは言いませんが、ある程度はあるので、体がマットレスに支えられている感覚はあります。そのため寝返りも問題なく出来ました。

ただ個人的に「もう少し硬めの寝心地でもよかったな」と思いましたね。私は腰痛持ちなので、少し硬めで反発力が高い寝心地のマットレスが好みです。まあ柔らかめの寝心地が好きな人には丁度いい柔らかさでしょう。

5.2. 底つき感なしのボリュームあるマットレスの厚さ

ニトリのNスリープは厚さがなんと28cmもあるんですよ。このマットレスの厚さは私にとって重要なポイントで、厚ければ厚いほど底つき感がなくなり、寝心地もアップするんですね。

この28cmという厚さのニトリマットレスは、上記で記載したように、他のマットレスに比べても相当なボリュームがあり、底つき感がまったくないんですよ。そのため寝心地もとてもよく、本当にフカフカのベッドの上で寝ているみたいで、このマットレスの厚さが、私にはたまらなくいいんです。

5.3. 種類が豊富

第1章でも説明したように、ニトリのNスリーブシリーズには以下の通り5つのマットレスタイプがあり、選べる種類が豊富です。

  • NスリーププレミアムP1-02
  • NスリーププレミアムP2-02
  • NスリープレミアムP3-03
  • NスリープラグジュアリーL1
  • NスリープラグジュアリーL2

それぞれマットレスの硬さ・反発力や寝心地が異なるので自分の好みや、体に合ったマットレスが見つけられます。さらにサイズもそれぞれシングル・セミダブル・ダブル・クイーンと4サイズの中から選べるんです。

まあ私は腰痛に悩んでいる事もあり、店員さんからオススメされた、腰痛にいいNスリープシリーズの1番安いモデルのNスリーププレミアムP1-02を購入しました。

6. ニトリマットレスの気になる点

ニトリのマットレスを使用してみて、もちろん気になる点も何個かありました。下記にて紹介しているので、参考にしてください。

6.1 コスパが悪い

ニトリは「お値段以上」でも知られているくらい、お手頃価格な商品を販売しているはずなんですが、実際にはそうでもないです。私の個人的な意見ではありますが、ニトリのマットレスの中でも質のいい方の寝具が欲しい場合は、大体Nスリープシリーズのモデルがオススメされるんです。

そうすると値段も高くなり、N スリープの1番安いタイプの物でも36,945はします。ニトリにしては結構のお値段ですよね。

ニトリのマットレスは他の寝具に比べて特別クオリティーの高いウレタンや、ポケットコイルを使用していません。そんなにマットレスの品質が高くない割には値段も安くはないので、コスパ的には優れているわけではないと思います。そこまでのお手頃価格でもなく、コスパもあまりよくないので、その点に関しては少しガッカリしました。

6.2. 腰痛改善には効果がない

ニトリのマットレスは、寝た時の体を押し返す反発力が低いので、腰痛の改善にはならなかったです。

寝心地はたしかに柔らかめで優しく心地がいいんですが、横になった時の姿勢がくの字になってしまうんです。くの字ような姿勢はマットレスが柔らか過ぎたり、反発力が足りない原因でお尻の部分がマットレスに沈み込み過ぎてしまって、背骨が曲がってしまう時の姿勢を表します。

S字カーブのような理想の寝姿勢が保持出来る姿勢でないと、体圧が分散されません。耐圧が分散されにくい、くの字の姿勢は体重のかかる背中や腰に大きく負担をかけます。そのため腰痛が取れなかったり、最悪の場合は悪化してしまうんですよ。

やはり腰痛向けの改善につながるには、表面がやわらかいけど反発力が高く、体がしっかりと支えられて、体圧が分散されるマットレスです。反発力が高いマットレスの上で寝ると、寝返りもしやすくなり、体が凝ったりしないので、腰痛の改善に繋がります。

腰痛効果を求めて寝具を選ぶのならば、腰痛専門の雲のやすらぎや、モットンの購入をオススメします。もし腰痛に悩んでいない場合は、ニトリのマットレスでも十分満足出来るでしょう。

6.3. 返品制度がない

これは私が個人的に寝具を選択するにおいて頭にいれている重要な点なんですが、返品制度があるかないかです。返品制度があるかないかで、マットレスを購入・使用する上での安心感が全然違ってくるんです。

たとえば腰痛専門のモットは、使っていても返品が可能な90日間の返品制度があります。また雲のやすらぎも、100日間の返金保証キャンペーンを行なっているんです。

返品保証制度があるぐらい、それぞれのブランドがマットレスの品質に自信があるのは、理解できますよね。販売する側の私たちからしても、返品制度があると万が一自分の体に合わなかった際にも返品可能なので、寝具を試してみる勇気が出ますよね。

このような理由を含め、返品制度のないニトリのマットレスを購入するには、相当量のあるリサーチと、度胸がいりますね。購入したことに後悔しないためには、店頭に直接行き、試し寝してから自分の好みの寝心地に合うか合わないかを判断して買うことをオススメします。

7.ニトリマットレスの口コミ

旦那とともに腰痛持ちで、店員さんにマットを選んでもらいました。1週間使って今の所、朝起きて腰が痛いなどはありません。お値段はニトリと考えると高いかもしれませんが、それなりに快適に過ごせます。

星3個30代後半/女性

安いノンコイルマットレスを使ってたので同じところが凹んでしまい、ぐっすり眠れなかったので購入しました。柔過ぎない感じでぐっすり眠れるようになりました!

星5個20代後半/男性

商品はまるで高級ホテルのベッドです。私には少し高かったですが、毎日心地よく眠れるため購入して本当に良かったです。

星5個40代前半/女性

店頭で寝転んで比較して選びました。でも実際にはベットパッド・シーツ・敷きパッドをすると・・あれ?思ってたのと違うような気が・・・。マットレスとしては満足ですが、直接体に触れる敷きパッドにお金をかけるのがよさそうです。

星3個30代前半/女性

ポケットコイルのマットレスがこの値段で購入できるのはさすがのコストパフォーマンスです。この商品はさらに二層のウレタンで、柔らかすぎず固すぎずで好みの寝心地でした。

星5個40代後半/男性

8.ニトリマットレスの総合評価

8.1 やわらかい寝心地が好みの人にオススメ

ニトリのNスリープシリーズのマットレスは、やわらかい寝心地が好きな人に合うでしょう。

ニトリのNスリープは寝心地が柔らかめで、体がマットレスに沈み込みます。そしてマットレスの厚さが28cmもあるので、体が沈み込んでも底つき感がまったくないんですよ。ニトリのマットレスは、その柔らかさから体が包み込まれるような優しい寝心地が体験できるんです。

そのため柔らかめの寝心地が好みの人には、非常にオススメのマットレスです。

8.2 腰部分が沈むので腰痛には効果ない

ニトリのNスリープは、硬めの寝心地が体に合う人や、腰痛もちには向いていません。それは上記の章でも記載したように、ニトリのNスリープは寝心地が柔らかめのマットレスなので、硬さが足りないと感じてしまうからなんですよ。

Nスリープのマットレスは腰痛改善につながる要素の、硬さと反発力が足りないんです。腰痛を改善するには、丁度いい硬さと反発力がマットレスに必要です。

ニトリのマットレスのようにやわらかいだけで反発力がないと、体がマットレスに沈み込む一方で理想の寝姿勢が保持出来ません。理想の寝姿勢が保持されないと、体圧も分散されず、体の体重がかかる部分に負担をかけてしまうんです。結果腰痛が改善するどころか、悪化してしまう場合があります。

Nスリープの柔らかさと反発力の低さが、腰痛にはよくないので、腰痛に効果がある寝具をお求めの場合はモットンや雲のやすらぎなどの、腰痛対策専用マットレスの購入をオススメします。

9. まとめ

ニトリのN スリープシリーズは他のマットレスに比べて特別安い訳ではありません。またマットレスの品質も、残念ながらハイクオリティーとは言いずらいです。

同じくらいの値段のマットレスは買うならば、雲のやすらぎやモットンなどの他の高反発マットレスを購入した方が、コスパはいいかもしれませんな。

ニトリのマットレスをまとめますと、

ニトリマットレスが向いている人

  • 寝具にとくにこだわりが無い人
  • 柔らかめの寝心地が好みの人

ニトリマットレスが向いていない人

  • クオリティーの高い寝具を求めている人
  • 長期使用を考えている人
  • 硬めの寝心地が好みの人

お役に立てたらシェアお願いします!

2018年度版腰痛マットレスランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。