1. ホーム
  2. マットレス一覧
  3. モットン
  4. ≫【体験談】腰痛マットレスモットンの口コミと効果を徹底解説!

【体験談】腰痛マットレスモットンの口コミと効果を徹底解説!

モットン

最近、寝起きの腰の痛みが酷くなってきて真剣に「マットレスを買い換えないと・・」と考えた時に見つけた腰痛マットレスモットン。

なんだか腰痛専用マットレスと書いてあってすごそうだけど、今まで聞いたこともないしイマイチ信用できない・・とお悩みではないでしょうか。

このページはあなたと同じように腰痛に悩む管理人の私が、実際にモットンマットレスを使用して感じたモットンの使用感や、気になること、そして他の方のモットンへの口コミについて徹底解説していきます・・!

もし、モットンの購入を考えていて情報収集中ということであれば、きっとお役に立てる情報が満載のはずなので、ぜひ参考にしてみてください!

モットン公式サイトはこちら

 

1.モットンとは

モットンマットレスとは、株式会社グリボーモットンジャパンが提供している高反発マットレスです。

この商品の売りは、日本人と体型に合わせて設計されたマットレスによって、腰痛対策が出来るという事です。主に腰の筋肉への負担を抱えている人達をターゲットにしています。例えば、長時間椅子に座る事が出来ない方や、顔を洗う時の前斜めの姿勢が辛い人や、腰の痛みのせいで夜中に起きてしまう方、立った際に腰をかばってしまう。

この様な悩みを持っている方々にはモットンマットレスが合うかもしれません。また、公式サイトによると、モニター協力者232名のうち、94.2%がモットンマットレスに満足しています。 なので、試してみる価値はあるでしょう。

モットンの総合評価

モットンの総合評価は、非常におすすめできるマットレスという感じですね。 現在腰痛に悩んでいて、腰に良いマットレスを探しているということであれば試しにモットンマットレスを使用するのがおすすめです。間違いなく、腰の負担が軽くなってるのを感じるでしょう。

さて、この章では、具体的にモットンの良いと思ったポイントについてご紹介していきます。

2-1.柔らかめで強い反発力

モットンの硬さ

モットンマットレスの寝心地として特徴的なのが、気持ち柔らかめなのに、マットレスのクッションをしっかりと感じることができる強い反発力です。

高反発マットレスというと少し硬めのマットレスが多いのですが、モットンの場合は「ちょっと柔らかいけど、大丈夫かな?」と思ってしまったくらいさわり心地が柔らかいです。

ただ、柔らかいといっても弾力がないという訳ではなく、さわり心地は柔らかいのに反発力が強いのでお尻が沈みすぎることなく、しっかりと腰を支えることが出来ています。

なぜ反発力が重要なのか

マットレス選びで重要なのは硬い、柔らかいよりも「反発力が高いかどうか」です。

その理由は、反発力が高ければ腰をしっかりと支えることが出来るからです。人にとって最高の寝姿勢は直立した姿勢と同じなので、背中からお尻にかけてS字になっているのが理想です。

しかし、反発力の低いマットレスなどで寝てしまうと、反発力が低いために寝ている間に腰が沈み過ぎてしまい、S字を保てずにくの字になってしまいます。

これが反発力の高いマットレスであれば、表面が柔らかくても、しっかりと腰とおしりを押し返してキレイな寝姿勢を維持していきます。

モットンは腰痛の方向けに作られたマットレスなので、硬すぎてお腰が浮くことなく、そして柔らかすぎて腰が沈み過ぎることない、ちょうどいい硬さと反発力を備えたマットレスという印象です。

2-2.寝返りが打ちやすい

モットンを使って「すごく良いな」と思ったのが、寝返りの打ちやすさです。

あまり知られていませんが、寝返りの打ちやすさは良い睡眠をとるために非常に重要になります。実は人間は寝ている間に寝返りを打つことで、身体の筋肉が凝り固まるのを防いでいるのです。

しかし、柔らかすぎるマットレスや、反発力の低いマットレスだと寝返りが打ちづらくなってしまうのです。イメージとしては、柔らかすぎるソファに座ると、立ち上がる時に反動が使えない分、余計な力が必要になってしまう感じですね。

同じように、反発力の低いマットレスや柔らかすぎるマットレスだと、反動が吸収されてしまう分、無駄に力が必要になるので寝返りが打ちづらくなってしまうのです。

その点、モットンは非常に強い反発力のおかげで少し身体を動かすだけで、簡単に寝返りを打つことが出来ました。

2-3.腰がしっかり支えられている

高反発マットレスが身体を押しあげてくれる

実際にモットンマットレスを使用して感じたのが、腰への負担が明らかに軽くなっているという事でした。1時的な安定感しか感じられなかった他のマットレスに比べて、モットンマットレスは気持ち的に常に腰が支えられているような感覚で、リラックスする事が出来、次の日の朝もスッキリして起きれました。

モットン公式サイトはこちら

他のマットレスとの比較

この章ではモットンを他のマットレスと比べた時のポイントに関してご紹介しています。

3-1.一般的な高反発マットレスよりも柔らかい

モットンは30Dという高密度で非常に反発力の高いウレタンを使用しています。それだけ見ると硬そうな印象を受けますが、実際は他のマットレスよりも「なんか少しや柔らかい?」というさわり心地でした。

しかし、実際に寝てみると、その柔らかさのおかげで身体にマットレスがしっかりとフィットします。その上で高い反発力で身体を支えてくれるので非常に安心できる寝心地でした。

これが、高反発マットレスで有名なマニフレックスやエアウィーブだとすごく硬めでしっかりした感触なので、人によって緊張(?)する気がします。

モットンの場合は触った第一印象と、実際に寝た時の寝心地が非常に優しいので腰に爆弾を抱えている人には非常に安心できる寝心地だと思います。

3-2.自分に最適な硬さを選べるのでシックリくる

モットンと他のマットレスとの大きな違いは、自分に最適な硬さを選べることです。

マットレスの硬さというのは、その人の体格や体重によって合う、合わないがあります。

例えば、小柄な女性が170Nなどの硬いマットレスで寝てしまうと、お尻が全く沈み込まずに腰が浮いてしまい、腰の筋肉に負担をかける可能性があります。

逆に、大柄な男性が100Nなどの柔らかめのマットレスで寝てしまうと、マットレスが柔らかすぎてお尻が沈み過ぎてしまい、最適な寝姿勢を維持できなくなってしまう可能性があるのです。

普通のマットレスであれば、ブランド毎に硬さが決まっているので一度寝てみないと自分に合う硬さかどうかはわかりません。

しかし、モットンの場合は同じ商品の中で硬さを体格や好みに合わせて100N/140N/170Nの3種類から選ぶことができるので自分の体格にぴったりのものを選べるというわけです。

マットレスのどの硬さが自分にふさわしいかは、各体重別に体圧分散測定で決める事が可能です。その情報をもとに3つの種類の硬さから自身に合う硬さを選びます。自分に適切な硬さのマットレス選択を可能にしたのがモットンマットレスです。

3-3.コスパがいい(良いウレタン使ってる)

モットンの優れているポイントは、ウレタンに品質に対して価格のバランスが良いということですね。

マットレスの品質と値段というのは、基本的には使用するウレタンの密度で大きく変わります。

例えば、楽天などで売ってる1万円のマットレスはウレタンの密度が1020D程度なので、耐久性に大きな問題がでます。

管理人haruka

私も8年前に購入したことがあるのですが、誇張なしに1ヶ月で腰部分がヘタってきました・・。

逆に密度が高いマットレスだと50Dのものも存在します。50Dもあると、耐久性は非常に高く、15年―20年はへたりなしで使用できるはずです。

ただし、高品質なだけでに値段も非常に高く、30万円―50万円程度することもあります。正直、マットレスにかける値段としてはかなり勇気がいりますよね・・(汗

モットンの場合は、まさにこの中間で密度が30Dとなっています。密度30Dというと、耐久性ほどほどに高く、810年はへたりなしで使うことができると言われています。

現在、人気の高反発マットレスたちは同じような密度のものが多いです。

その中でもエアウィーブや西川エアーなどは値段が高めですが、これは広告費の影響が大きいですね。有名なブランドはそれだけ膨大な広告費を使っているので、その分販売価格に原価として乗っかってきてしまうのです。

その点、モットンは基本WEBだけの広告が多いので原価を抑えられる分、同じような品質でも高いコストパフォーマンスを実現できるというわけです。

モットン公式サイトはこちら

モットンで気になること

ここまでモットンの特徴について、どちらかといえばいい部分についてお伝えしてきました。ただ、やはり完璧な商品というのはなく、モットンにもいくつか気になることがあります。

こちらの章ではモットンの気になる部分についてまとめてみました。

4-1.人によっては柔らかいと感じるかもしれない

さきほどから何度かお伝えしていますが、モットンは気持ち柔らかめの感触です。ただ、何度もお伝えしているとおり、反発力は非常に強いのでS字の理想の寝姿勢を維持するうえでは全く問題がありません。

とはいえ、寝心地は人によって感じ方が違うもの。私個人の感想としては、柔らかくて不快だとか違和感は全くないのですが、人によっては柔らかいと感じるかもしれません。

ただ、モットンの場合は90日間の完全返金保証がついているので万が一柔らかすぎて合わない、という場合でも返品すればいいのでまずは試してみることをおすすめします。

4-2.完全返品保証だけど送料がかかる

モットンには通常のマットレスの通販ではあり得ない、90日間は使用済みでも返品を受け付けるという、完全返金保証がついています。

しかし、注意して欲しいのがあくまで商品が返品できる、というだけでモットンを送り返す際には配送手数料として、3942円がかかります

まあ、返品させてくれるわけなので、あまりわがままを言うことはできませんが、どうせなら配送手数料も持ってほしかったですね・・!

ちなみに、サイズやマットレスの硬さによる交換というのは1回のみ交換可能で、2回目からは通用しないので、その点も注意しておきましょう。

4-3.床の直置きは絶対にダメ

これはモットンマットレスだけではなく、すべてのマットレスに言える事なのですが、床置だとマットレスが吸った汗に逃げる場所がなく、床とマットレスの間にたまってカビになる可能性が高くなります

モットンは吸水性も通気性も高いのですが、床に直置きだとその特性が裏目にでてしまい、よく吸った汗がそのままマットレスと床の間に溜まってしまうというわけです。

普通に気持ち悪いですし、衛生的にもよくないので床にモットンを置く場合はすのこを敷くか、毎日必ず朝モットンを立ててしっかりと汗の逃げ場を作るようにしましょう。

4-4.中国産のマットレス(国産の方が少ない)

個人的にはあまり気になりませんが、製造国が中国と言う点は人によっては少し気になるかもしれません。

というか、マニフレックスを除く有名マットレスは、そのほとんどが実際は中国で製造されているので個人的には全く気にする必要はないと思っています。

また、モットンマットレスの場合、製造は中国でも検証や実験、検品などは日本国内で行われています。ボーケンという経済産業大臣の許可を受ける国内で最も信頼のおける第三者機関での検査にも合格しているので品質という面では疑う必要は全くないといえます。

ただ、それでも中国産は信用できない、という方は生産・製造がイタリア製のマニフレックスか、日本の工場で作っている雲のやすらぎを選択肢にいれるといいかもしれませんね。

モットン公式サイトはこちら

5.モットンには悪評もある

ここまで、モットンについて色々ご紹介してきましたが、ネットで調べてみるとモットンの悪評というのもちらほらあります。

例えば、モットンはエアウィーブとか西川エアーと違って、全然世間一般に知られていないから本当は怪しい商品なんじゃないか?という感じですね。

ただ、個人的にはこれは気にしなくても大丈夫だと思います。

結論から言えば、エアウィーブとか西川エアーはテレビ広告やモデルにたくさん広告費をかけていて、モットンはインターネットの広告にお金をかけているかどうかの差だけです。

モットンの販売会社についても調べてみましたが、しっかりとした会社でしたし、そうでなければ元中日ドラゴンズの山本選手が広告モデルを受けてくれるはずがありません。

実際、山本さんは今もモットンを使用されているみたいですし、私自身も実際に使ってみて非常に満足しています。

それに、90日間は完全返品保証がついているので気に入らない場合は返品も出来るのでとっても安心できる高反発マットレスだと思いますよ。

6.モットンを買う時に気をつけるポイント

さて、この章では実際にモットンマットレスを購入する際の気をつけるポイントを紹介していきます。

6-1.迷ったら気持ち柔らかいマットレスを選ぶ

モットン購入の際に注意すべきなのが、マットレスの硬さ選びです。

先程お伝えしたように、モットンは硬さを三種類から選ぶことができます。

小柄な人は柔らかめ、大柄な人は硬めがおすすめですが、悩ましいのはその間の人です。

そんな方におすすめなのが「迷ったら柔らかめにする」ということですね。

例えば、自分は巨漢というほどではないけど身長は高いので「大柄」になるかもしれない。だから一番硬い「170N」にしたほうがいいのだろうか、と悩む方であれば、あえて1つ柔らかめの「140N」を選ぶようにするという感じです。

なぜ、気持ち柔らかめを選ぶかというと、硬すぎて困ることはあっても柔らかくて困るということは少ないからです。

モットンは高反発マットレスなので、少しやわらかいと感じてもほとんどのケースでは腰が沈みすぎることなく、しっかりと腰を支えることができます。

しかし、体格に対して硬いマットレスを選んでしまうと、お尻が沈まずに浮いてしまうために腰に負担をかけてしまい、高反発マットレスを購入した意味がなくなってしまいます。

なので、もし硬さで悩んでる場合は自分の想定よりも1つ軽めの硬さにするようにしましょう。

6-2.返品を考える場合は購入日をメモる

モットンの購入を検討する際、返品ができるということが決め手になることがあります。

モットンは確かに90日間の返品保証が付いているので、気に入らなければ返品してお金を返してもらうことが可能です。

しかし、注意してほしいのがこの返品保証の期間が購入後90日後の2週間しか返品期間がないということです。

つまり、このタイミングを逃してしまうと返品は受け付けられなくなってしまうのです。イメージとしては、2年契約が終わった携帯の解約し忘れで無駄に解約金を払わされる感じですね・・。

なので、もしモットンを購入して返品をする可能性がある場合には必ず購入日と返品可能期間をメモしておくようにしましょう。そうすれば、最悪の事態を免れるでしょう。

モットン公式サイトはこちら

モットンの口コミ

商品を購入する上にあたって重要な点が、実際にモットンマットレスが効果あったか、良かったかですよね。この実際にモットンマットレスを使用した人達の口コミはとても重要になってきます。まずは良い口コミから見ていきましょう。

7-1.良い口コミ

子育て真っ最中で夜中の授乳もあり、睡眠時間が短く疲れが取れない毎日の中でギックリ腰になってしまい少しでも疲れが取れればと、高価ではありますが思い切って購入しました!!初めて寝た日からビックリするほど快適で朝起きると疲れが取れた気がします。買って良かったです!!

星5個 30/女性

腰が軽い!かたさもちょうど良く快適です!休日に長時間寝ても腰が痛くないです。良い商品を開発して頂きありがとうございます。

星5個 20/女性

最高です!使ったその日から快適に眠れる事ができました。長時間寝ても体が痛くならなかったです

星5個 30/女性

朝起きた時のなんとも言えない身体の痛みとだるさがなくなりスッキリ起きれます。

星5個 30/男性

1年半ほど前から腰痛に悩まされていました。あまりにつらかったので、病院や接骨院などにいきましたが病気でなく、ただの腰痛と分かってからは、腰にに効きそうなものを片っ端から試しました。 そして、今回モットンと出会い、これが大正解!寝ている時に腰を支えてくれている感じで、助かっています。

星5個 40/男性

しばらく迷っていましたが、腰痛がつらくなり思わず購入しました。安いっとは言えませんが返金保証もついてましたし、もっと早く試してみれば良かったです。以前は毎朝苦しい感じで起きていましたが、いまはスッキリ起きれて快適です。

星5個 30/女性

7-2.悪い口コミ

レビューをみて購入したのですが私には合わず残念ながら返品する事にしました。返品の際の対応は素晴らしかったです。また機会があれば、別の商品を購入しても良いと思いました。

星3個 50/女性

自分には合いませんでした。

星2個 30/女性

慢性的な腰痛があり評価が高かったので購入してみましたが夜中に何度か腰も痛く目が覚めてしまいます。私には合わなかったみたいで返品も面倒だったので他のマットレスを探してます。

星2個 50/女性

モットン公式サイトはこちら

8.モットンが向いている人

    • 腰痛に悩まれている人
    • 寝起きを改善したい人
    • 睡眠のクオリティーを上げたい人
    • お年寄りの方

9.モットンが向いていない人

    • 腰痛に悩んでいない人
    • 睡眠のクオリティーを上げなくてもいい人
    • 匂いにすごく敏感な人
    • 安くてそれなりのマットレスが欲しい人

まとめ

少し長くなってしまいましたが、まとめると

  • モットンは腰痛の人におすすめ
  • 少し柔らかめだけど反発力が高いので腰には抜群に効果的
  • 硬さが3種類から選べる
  • 中国産だけど、日本で最も権威ある第三者機関の検査に合格しているので安心
  • 完全返品保証だけど、返品の時に送料はかかるから注意が必要

という感じですね。

このサイトでは腰痛に悩む管理人の私が様々なマットレスを紹介していますが、モットンはその中でも最高のマットレスの一つといえます。

特に腰に悩む方であれば、後悔することはないと思いますのでぜひ検討してみてください。

モットンの詳細はこちら

お役に立てたらシェアお願いします!

2018年度版腰痛マットレスランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。