1. ホーム
  2. マットレス一覧
  3. コアラマットレス
  4. ≫【体験談】コアラマットレスって実際どうなの?口コミと評判を徹底解説!

【体験談】コアラマットレスって実際どうなの?口コミと評判を徹底解説!

コアラマットレスってどんなマットレスなんだろう…

オーストラリアで人気って聞いたけど、日本人の体には合うのかな…

他のマットレスとの違いはあるのかな…

このような疑問をお持ちの方はいませんか?コアラマットレスはまだ日本であまり知られていないので、少し不安ですよね。

ご心配ありません。このページではコアラマットレスについての情報、すべてを解説しています!主な記事の内容はコアラマットレスに関しての基礎知識や、他のマットレスとの比較、いい点・悪い点などを紹介しています。

この記事を読み終えた後には、コアラマットレスが自分にふさわしい寝具なのか、判断できる事でしょう!

コアラマットレスに興味のある方は、ぜひこのページを参考にしてください。

1. コアラマットレスとは?

コアラマットレスはオーストラリア発の高品質マットレスです。コアラマットレスはオーストラリアで最高評価獲得していて、最近ではSNSでも話題になっています。     

コアラマットレスは従来のベッドスプリングや、メモリーフォームなどは一切使用されていないんですよ。その代わりに、独自で開発した新素材の「クラウドセル」を2層構造にすることで、寝心地とサポート力をアップさせたんです。

また商品の送料は無料ですし、120日間のお試し期間付きなので、安心して購入する事が出来ます。

1.1.  値段&サイズ

コアラマットレスのサイズと値段は以下の通りです。

2. コアラマットレスの特徴

2.1.  クラウドセルで極上の寝心地を実現

コアラマットレスの最大の特徴でもあるのが、マットレスに使用されている新素材の「クラウドセル」です。「クラウドセル」はより日本人の好みに合わせたコンフォートレイヤーを実現するために開発されました。

独自開発した新素材「クラウドセル」は心地のいい寝心地と、優れた通気性の連続気泡フォームなんです。

「クラウドセル」で作られているコアラマットレスは、低反発マットレスやラテックスのような贅沢な寝心地が楽しめます。ただ低反発やラッテクスマットレスは、反発力が低く、過度な熱がなくなったりします。

しかし「クラウドセル」素材のコアラマットレスは、通気性と弾力性ともに高いので、快適に寝る事はもちろん、理想の寝姿勢もサポートしてくれるんです。

2.2.  柔らかすぎず、硬すぎない完璧な弾力性

コアラマットレスは、柔らかすぎず硬すぎない寝心地と程よい弾力性があります。そしてコアラマットレスの程よい弾力性は、体の部位によって違うんです。

コアラマットレスは3つの異なるエリアによって硬さが調整されています。この適度な弾力性の違いによって体全体をサポートしてくれるんです。

またコアラマットレスにはゼロ・ディスターバンス技術が施されていて、振動が伝わってこないので、より深い睡眠が取れます。

2.3.  新鮮な空気の流れで深い眠りを長く

コアラマットレスが使用している「クラウドセル」素材は、通気性が高いんです。その理由は「クラウドセル」が連続気泡構造になっているので、新鮮な空気の流れが通りやすいんです。

ラテックスや低反発マットレスは寝心地がとてもいいんですが、熱がこもりやすい素材を使用しています。コアラマットレスはこの寝心地を実現しつつも、空気の流れがいい「クラウドセル」素材を発明しました。

そのため暑い夏はサラサラと涼しく、冬はヌクヌクと暖かい時間が過ごせるようになるんです。

3. コアラマットレスのいい点

私がコアラマットレスの120日間のキャンペーンを通して、いいと思った点が何点かありました。以下にてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

3.1.  底つき感なしの厚さ23cm

私が実際にコアラマットレスを使用してみて、気に入った点がマットレスの厚さです!マットレスの厚さは寝具を購入する上でとても重要な点で、厚ければ厚いほど寝心地がアップします。

コアラマットレスの厚さが23cmもあるので、まったく底つき感がないんです。このコアラマットレスのボリューム感ある寝心地がなんともたまりません。

コラマットレス上で寝ると、柔らかさもありつつ反発力が高いので、体がベッドに反るようにフィットし、支えられている感覚でした。どっちかというと硬めの寝心地ではあるんですが、しっかりとした感じではなく、優しく体をサポートしている感じですね。

コアラマットレスのボリュームのある極厚な厚みと、高い弾力性が寝た時にとても気持ちよく感じました。

3.2.  揺れが少ないので深い眠りにつける

公式サイトで記載されていたように、コアラマットレスは寝ている時の揺れがあまり伝わってこなかったんですよ。これは多分マットレスの「ゼロ・ディスターバンス技術」不要な振動を吸収してくれたので、隣の人が寝返りを打っても揺れをあまり感じることはなかったんです。

コアラマットレスは振動があまり伝わってこないので、隣の人が動くたびに起こされることはなく、熟睡したまま朝を迎える事が出来たんです。眠りの浅い私がコアラマットレスを使用してみて、睡眠が邪魔される事がなかったので、助かりました。

3.3.  120日間のお試し期間付き

マットレス購入を失敗したくない私は、返品サービスがついているかで、安心感が変わってきます。また返品期間が長ければ長いほど、マットレスが本当に自分の体に合うのか実感できます。

コアラマットレスはもちろんお試し期間がついていて、その期間はなんと120日間もあるんです。これだけでの期間があると、じっくりとコアラマットレスを使用する事が出来ますね。

そして万が一体に合わなかった場合は、返品できるので安心してコアラマットレスを購入する事が出来ますし、失敗するリスクも低いんです。

4. コアラマットレスの気になる点

コアラマットレスにはもちろん悪い点も、何点かありました。

4.1.  寝心地がやわらかすぎる

コアラマットレスの寝心地はやわかめなので、腰の部分がマットレスに沈み込み過ぎてしまうか心配でした。実際にコアラマットレスの上で寝てみると、寝心地はやわらかいですが、反発力があるので、腰の部分が沈み込み過ぎてしまう事はあまりなかったですね。

まあ体重の重い人だと、もしかすると腰の部分などが、マットレスに埋もれてしまう可能性もありますが、女性や平均体重の人は大丈夫でしょう。

コアラマットレスは、丁度いいやわからさと硬さのバランスの取れた寝心地でした。この寝心地を他のマットレスにして例えると、最初の寝た感じは雲のやすらぎのようなやわかさがありますが、体がマットレスに沈む際はモットンのような芯のある硬さで、支えられている感じですね。

4.2.  値段が他の寝具に比べて高め

コアラマットレスはオーストラリアブランドということもあり、値段が結構します。どのくらい高いかと言いますと、以下の表を見てください。

表をみてもらえればわかりますが、一般的なマットレスのマニフレックスやモットン、雲のやすらぎよりも値段が結構高いですね。

高い値段で販売されているエアウィーブや西川エアーなどとも、コアラマットレスはそこまで変わりませんね。

これは多分コアラマットレスが海外のブランドだから、値段が高めに設定されているかと思われます。

4.3.  メインテナンスが大変

コアラマットレスは厚みが23cmもあります。ボリュームがあって寝心地もいいんですが、そのかわりにメインテナンスが大変なんですね。

コアラマットレスはエアウィーブのようにマットレスの中身を洗う事は出来ませんし、西川エアーのように3つ折りに畳めないんです。

分厚いコアラマットレスは移動するのにも一苦労しますし、万が一汚れてしまってもマットレス自体を洗う事は不可能なので、長期間清潔に保つのが大変なんです。

私が工夫して行ったメインテナンスが、朝起きたらマットレス部屋の隅に立てて、カビが発生しないようになるべくマットレス内に空気が流れるようにしました。

5. コアラマットレスの口コミ

5.1.  いい口コミ

5.2.  悪い口コミ

6. コアラマットレスの総合的評判まとめ

この章ではコアラマットレスの口コミレビューや、私の意見を含めての総合的評判をまとめました。

6.1.  コアラマットレスが向いている人

やわらかい寝心地が好きな人

コアラマットレスは寝心地が低反発マットレスのようにやわらかいんです。寝た際に優しく体を包み込んでくれるような心地いい睡眠がとれます。

そのため低反発マットレスのような、やわらかい寝心地が好きな人にはコアラマットレスがオススメですね。

大きめのマットレスが欲しい人

コアラマットレスには4種類のサイズがあります。1番大きいサイズはクイーンサイズで大人2人と、子供1人くらいなら、一緒に寝られるサイズです。

家族で同じベッドに一緒に寝たい方や、大きめのサイズで広々としたマットレスが欲しい人は、コアラマットレスが合うでしょう。

極厚なマットレスが好みの人

コアラマットレスは厚みがなんと、23cmもあるんです!この位のマットレスの厚さになると、底つき感がまったくなく、ボリューム感のある寝心地が楽しめるんですよ。

コアラマットレスは、フカフカのベッドのようなボリューム感ある寝心地が好みの人にオススメです。

6.2.  コアラマットレスが向いていない人

お手頃価格の寝具を探している人

コアラマットレスは残念ながら、高めの値段で販売されています。オーストラリアの海外ブランドということもあり、決してお手頃とは言えない価格で提供されています。

もし低反発マットレスのような柔らかめの寝心地が好きで、お手頃な価格で買える寝具が欲しい場合は、トウルースリーパー(24,800円)か、テンピュール(45,000円)がオススメです。

硬めの寝心地が好きな人

コアラマットレスは、低反発やラテックスのような寝心地が好きな人のために作られたマットレスなので、硬めの寝心地が好きな人にはやわらかすぎて向いていません。しっかりとした硬めの寝心地を好む人は、マニフレックスや、西川エアーが体に合うでしょう。

収納が便利なマットレスが欲しい人

コアラマットレスは厚みが23cmもあるので、3つ折りに畳んだり、持ち運びが大変なんです。収納する事はほぼ不可能ですが、部屋の隅に立てかける事は出来ます。

収納が便利なマットレスが欲しい人は、折りたたみ&持ち運びが楽な西川エアーなんかがオススメです。

7. まとめ

いかがでしたか?コアラマットレスはオーストラリアで大人気のマットレスで、日本でも徐々に知名度を上げています。

寝心地も低反発とラテックスマットレスのような、優しくやわらかめで心地よく寝られます。ただ値段が高めなので、人によっては他の似ているようなマットレスでコスパのいい物を購入する方がいいかもしれませんね。

お役に立てたらシェアお願いします!

2018年度版腰痛マットレスランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。