1. ホーム
  2. マットレス一覧
  3. エイプマンパッド
  4. ≫【体験談】エイプマンパッドって本当に大丈夫?口コミと評判を徹底解説

【体験談】エイプマンパッドって本当に大丈夫?口コミと評判を徹底解説

高反発マットレスについて検索して見ると、やたら安い高反発マットレスを見つけたんだけど安すぎて本当に大丈夫なのか逆に不安・・。

本当にこのマットレスは大丈夫なんだろうか?とお悩みではないでしょうか。

このページでは、そんな方のための実際に腰痛に悩む私、harukaが実際にエイプマンパッドを体験して感じたことや、口コミをもとにエイプマンパッドを徹底レビューしていきます。

ぜひ、マットレス選びの参考にしてみてください。

エイプマンパッドとは

エイプマンパッドとは、Amazon、楽天、Yahooショッピングなどで販売されている格安高反発マットレスです。

エイプマンパッドはクオリティーの高さと低価格な値段を売りにしています。

この商品が低価格販売されている理由は、人件費の安い中国内陸の工場に生産してもらっていることと、ダブルロール梱包という手法で、さまざまなコストカットを実現したからです。

もちろん良質な材料を使い、信頼出来る工場で本格的なマットレス作りをしています。マットレスの質に自信のあるエイプマンパッドですが、もし身体に合わない可能性があることを考慮し、90日間返品期間サービスを設けている点も、エイプマンパッドの推しです。

エイプマンパッド4種類のマットレス

エイプマンパッドには4種類のマットレスがラインアップされています。

エイプマンパッド307

 底つき感のない丁度いい7cmの厚さがありながら、しっかり身体えてくれるタイプ。

エイプマンパッドH3

最初にリリースされた、厚み10cmベーシックタイプ。

エイプマンパッドPAD5

厚さ5cmで材の片面にプロファイル加工をされていて、表裏で違った寝心地が味わえるタイプ。

エイプマンパッドPAD9

三つ折りのつなぎ目部分を嫌う人と、5cmの厚さでは物足りない人ために、つなぎ目なしの9cm厚みのあるマットレスタイプ。

2.エイプマンパッドの2つの特徴

この章では、エイプマンパッドの 2つの特徴に関して説明します。

2-1.とにかくコスパがいい

エイプマンパッドは質のよいマットレスでありながら、値段も他の高反発マットレスに比べてダントツ安いです。商品価格と、マットレスの密度・硬さ全て踏まえて、コスパがいいです。このコスパの良さは、以下の表を見ればわかるでしょう。各ブランドのベーシックモデルで比較を行っています。

上記の表を見ての通り、エイプマンパッドはマニフレックスと密度と硬さにかけて同じです。厚みはさすがにマニフレックスには劣りますが、底つき感のない厚さには変わりありません。

この3つの観点をふまえて値段に注目すると、エイプマンパッドはマニフレックスの半分で売られています。またモットンとは密度、厚みともに同じですが、マットレスの価格はエイプマンパッドがモットンの半分以下です。

これは、「クオリティーは他とほぼ同じでも、手頃な価格で購入可能」というエイプマンパッドのコスパの良さを証明しています。

2-290日間の完全返品保証つき

90日試用してダメなら返品OK」をコンセプトに、エイプマンパッドはマットレスを販売しています。

エイプマンパッドは「腰痛に効果的だ」や、「誰にでもフィットする」という製品ではないので、合う人には使用を継続してほしいけど、そうでないなら返品して他の寝具を試してほしいという意味を込めて、90日間の完全返品保証を行っています。

特に素晴らしいと思ったのが、返品時の送料や手数料もエイプマンパッド側が保証してくれるということです。

通常、返品可能な商品でも送料などは自分で持つことが多いので、エイプマンパッドのこの対応は素晴らしいと感じます。

やはり性別・体重・骨密度・筋肉量も人それぞれなので、返品保証があると、気楽に試せますよね。

3.エイプマンパッドで気になること

さてこの章では、私が実際にエイプマンマットレスを使用して気になった事を紹介しています。

3-1.やっぱりちょっと硬い

エイプマンマットレスは触った感じ柔らかめでしたが、実際に寝てみると寝心地は少し硬いです。耐久性の高い密度30DAPPU硬質フォームを使用しているため、マットレスが硬めに作られていると考えられます。

なので私にはちょっと硬すぎました。

どのくらい硬いかというと、硬めのマットレスで知られているマニフレックスと同じくらいで、芯のあるしっかりとした硬さです。さすがに床で寝ている硬さとまではいきませんが、やはり気持ち硬めという印象ですね。

また硬さ170Nという高い数値も、さらにマットレスが硬く感じる理由でしょう。もし、あなたがしっかりとした硬さが好みであれば、合うかもしれません。

私は、高反発マットレスであれば少し柔らかめな、ベッドのような寝心地が好きなタイプの人なので、寝心地という部分ではエイプマンマットレスは合いませんでした。

3-2.三つ折りのつなぎ目が気になる

折りたたみマットレスに共通する気になる点があります。それは三つ折りのつなぎ目です。

このつなぎ目の上で寝ると、やはり折り目の違和感が身体に伝わってくるんです。それが原因なのか、あまり質のいい眠りにつけません。

まあ折りたたんで収納出来、持ち運びが楽な点はすごく嬉しいんですが、やはり折り目の部分にあたる身体が沈み気味になるので、私はその点が気になりました。

4.     エイプマンパッドの口コミ

ここではエイプマンパッドのいい口コミと悪い口コミ、両方紹介します。

4-1.いい口コミ

低反発マットレスが合わなくてこちらを購入。 腰に負担が無くなり寝心地がとてもいいです。 折りたたみの折り目もあまり気になりません。

椎間板ヘルニアになったため、せんべい布団生活を改めようと思い購入しました。畳の上にマットを置き、その上に布団を敷いて寝ています。 使用した初日から起床直後の腰痛がなくなりました。一ヶ月使っていますが、調子いいです。 かさばるので扱いが大変ですが身体のためには買ってよかったと思います。

低反発で寝ている家族が腰痛のため、高反発にしたいと思い購入。 高反発ははじめてでしたが、もっと早く変えればよかったと感じるぐらい、 我が家では重宝しています。

届いてから一週間は臭いが気になりましたが今は大丈夫になりました。 固さは一枚でも腰や背中が痛くならず合格点を付けました! 和室用として使っていくつもりです。

リピート購入ですが、前回は3ツ折タイプ、今回は折らないタイプを購入しました。3ツ折タイプは、折り目の部分で体が沈むのが少し気になりましたが、1枚ものは当然、沈み込むことなく快適です。 耐久性はまだわかりませんが、前回のものもまだまだ反発力は十分で満足しています。

4-2.悪い口コミ

四十肩の私の感想はあまり参考にならないと思いますが、右左どちらを向いても肩が痛く、ほとんど仰向けに寝ていることが多いせいか長時間(7時間以上)寝ていると身体が痛くて寝てられません。返品させてもらう予定です。でも返品出来るので大変感謝しています。

先日シングルタイプを購入し、腰痛が無くなりとても良かったので、今回追加で家族用にダブルを購入しました。しかし今回届いた商品にはカビが生えており、非常に残念な気持ちになりました。ただその後の商品交換については迅速に対応して頂けたので良かったです。

高反発ということでもっと固めの感触を期待していましたが、固め(密度の高い)の低反発といった感触でした。届いたばかりなのでまだ使用感はわかりません。(輸送時に半分折で圧縮されているため、マットの縦真ん中に折り目がついていて寝づらい)3日間ほどでこの折れ目がなじむそうなのでそれから使用してみます。

シングル厚み10センチを一年間使用していて、ダブル厚み7センチを新たに購入しました。 底付き感はないですが、固い印象です。 やはり10センチにすればよかったかなーと思っています。

私にとっては 固すぎてあわなかったです。大変残念では、ございますが今は使わず 幸い返品制度ありのを購入しましたのでその期間待ちでございます。硬めがすきな方にはぜひともオススメです。

5.エイプマンパッドの総合評価

5-1.スペックはすごく高い

ウレタンの密度30Dに対して商品価格1万円代と、ハイスペックなエイプマンマットレス。密度が高ければ高いほど凹みにくく、耐久性が高くなり、値段も上がります。

そんな中エイプマンマットレスは密度が高いマットレスなのに、値段を安く売っている事は正直凄いです

腰痛持ちの私には硬すぎて合わなかったのですが、硬めが好きという方や折り目が気にならない人はエイプマンマットレスはコスパ的にも良い選択かもしれませんね。

5-2.腰痛ならモットンのほうが優しい

エイプマンパッドのウリはとにかくコスパが高いこと。

しかし、寝具は数字以外の部分も重要になってきます。たとえば、エイプマンパッドは確かにスペックが高い寝具ではありますが、腰痛の人にそこまで焦点を当てていません。

個人的な感想ではありますが、数字上のスペックを高めるために硬めで耐久性の高いマットレスを使用しているため、かなり寝心地が硬いです。

そして、腰痛の人にはこの硬さというのが地味に腰に響いてきます。

特に私のように小柄な体型だと、寝た時の姿勢が綺麗なS字カーブではなく、I字になってしまいます。腰の部分がI字で浮いてしまうと、余計腰に負担がかかり、腰痛を悪化させてしまう可能性があるのです。

その点、同じような密度のモットンであれば、硬さも140N程度とエイプマンパッドに比べて柔らかく、かつ腰痛専用マットレスなので寝心地も腰痛の方のために、しっかりとした反発力の中に包み込んでくるような寝心地があるので、腰に優しいです。

まとめ

エイプマンマットレスについて理解は出来ましたか?

エイプマンマットレスは、他の高級な高反発マットレスとほぼ同じクオリティーを実現させています。ですが折り目が気になったり、マットレスが硬すぎて腰痛持ちに良くなかったりなどという悪い点もあります。

寝具を購入する際はやはり実際に使用してみないと、人それぞれ体験が違うので、試してみるのもいいでしょう。90日間という完全返品保証があるので、安心して試せるのではないでしょうか

お役に立てたらシェアお願いします!

2018年度版腰痛マットレスランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。