高反発マットレスは腰痛にきくのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
truth-257160_640

巷で話題の高反発マットレス。

 

浅田真央選手を起用したCMで話題になった、「エアウィーヴ」や、

ネイマールとカズというサッカー界の大スター2人を起用したCMで話題沸騰中の

「Air(エアー)」など、最近のマットレス業界は高反発がブームの様です。

 

以前はテレビ通販なんかで毎日の様に

低反発、低反発と聞いていた気がしますが、

時代の流行の移り変わりはなんだか感慨深いものがありますね。

 

さて、最近高反発マットレスがブームで売り文句が

「腰痛に効く」というのを良く見かけますが、

昔は低反発が「腰痛に効く」って言ってましたよね。

 

この手のひら返しは例えるなら、本田選手を袋だたきにしていた

イタリアメディアみたいなものですよね。

 

さて、今回はこのマットレス業界の盛大な手のひら返し戦略を踏まえて、

実際に高反発マットレスが腰痛にきくのかについて、ご紹介したいと思います。

 

高反発マットレスは腰痛にきくのか?

 

また、最初から言ってしまいますが、

 

 

高反発マットレスは

 

 

 

腰痛に

 

 

 

 

 

 

 

効きます!

 

 

 

 

 

 

 

おいおいおいおい

 

 

 

 

 

 

 

あなたもイタリアメディアや業界の差し金ですか?

 

 

 

という様な声が聞こえてきそうな気がしますが、

 

 

 

 

少し落ち着いて下さい。

 

 

 

 

私はイタリアメディアの差し金でも無ければ

マットレス業界の差し金でもありません。

 

しいて言うならば雲のやすらぎの差し金です(爆)

 

何で高反発マットレスは腰痛にきくの?

 

高反発マットレスが腰痛にきくと言われても

はいそうですか、と信じられるほどあたしゃボケて無いよ!

という声が聞こえてきそうですが(爆)

 

そんな方の為になぜ、高反発マットレスが腰痛に効くのかについて

大事な事を1つだけご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

体圧分散です。

 

体圧分散と腰痛について

 

腰痛の方のマットレス選びにとって、最も重要なのが、体圧分散性です。

 

体圧分散とは、身体の圧力を均等に分散する機能の事です。

 

例えば、何も無い床に仰向けになってみて下さい。

 

肩胛骨とお尻に一番力が入ってしまうのがわかりますか?

 

肩とおしりは、身体の中で出っ張っている部分なので、

どうしてもそこに圧力がかかってしまうのです。

 

腰痛はマットレスが固すぎて腰に負荷がかかってしまったり、

マットレスが柔らかすぎて腰が沈み過ぎてしまうと悪化してしまいます。

 

体圧分散性とは、仰向けになった時に肩胛骨やお尻に集中しやすい圧力を

出来る限り身体全体に均等に分散させる事で

肩胛骨や腰などの負荷を最大限に減らしながら、

身体を理想的な姿勢で支える事が出来るのです。

 

だからこそ、腰痛の方にとって、マットレス選びを行ううえで

必ず考慮しなければいけないのが、この、体圧分散性になるのです。

 

高反発マットレスは体圧分散性が高い

 

さてさて、体圧分散性が腰痛の方にとっては

非常に重要だという事はおわかりいただけたんじゃないかと思います。

 

でも、そうなると高反発マットレスは体圧分散性が高いのか?

 

という疑問がわいてくると思います。

 

ぶっちゃけて言うと、その通りなのです。

 

高反発マットレスは体圧分散性が高いのです。

 

具体的な理論は言葉で説明するのがしんどいのですが、

 

例えば花を生ける剣山ってわかりますか?

 

剣山につま先立ちしようと思ったら、恐らく通気性抜群になれると思いますが、

剣山のうえに足全体で立って見るとあら不思議。

 

穴があかないどころか、けがもしません。

 

むしろツボ押しみたいで気持ちが良いです。

 

これは足全体にかかる圧力を剣山の1つ1つの剣が

分散してくれているという事なんですね。

 

この剣を繊維に変えると高反発マットレスの体圧分散性に繋がります。
(かえってわかりづらい気がしてきました・・。)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

高反発マットレスが腰痛にきく理由というのを

わかって頂けましたでしょうか。

 

結論としては、マットレス業界は手のひらを返していません!

 

低反発も高反発も腰痛には効きます。

 

ただ、後は好みの問題なんです。

 

例えば、低反発は柔らかくて寝心地は抜群なんですが、

ゴリゴリマッチョマンやお相撲さん体系の方なんかだと

柔らかすぎて気持ち悪いみたいですからね。

 

逆に、高反発マットレスは体重の軽い方や女性の方だと

ちょっと固く感じてしまって、合わないという事もあるみたいです。

 

なので、どちらを買うのかはもうその時の好みの問題ですね。

 

是非、このブログでいろいろ情報収拾したうえで

あなたに合いそうなマットレスを探してみて下さい。

 

それでは

 

⇒マットレスでコスパ最強なのはどれ?おすすめはコレ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>