規則正しい生活ができない人必見!生活習慣を直さずに眠りの質を上げる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
photo credit: Michiyo 小兽 via photopin cc

なんだか最近、眠りが浅くて疲れが取れていないなと感じるあなた。

 

なんとか、この眠りの質を改善して

良質な睡眠を取り、疲れを取りたいって思いますよね。

 

そして、どうすれば良質な睡眠が取れるのかと

ネットで調べたりすると大体出てくるのが

 

「良質な睡眠を取るには、規則正しい生活が大事です。

 今日から規則正しい生活を心がけて良質な睡眠をゲットしましょう!」

 

という様な、実現出来ない正論です。

 

確かに、規則正しい生活をすれば、眠りの質があがる事はわかっている。

 

でも、それが簡単に出来るなら苦労しないよ・・。

 

というのがホンネですよね。

 

でも、実は

規則正しい生活でなくても睡眠の質は上げられる

ってご存じでしたか?

 

そこで、今回は眠りの質について悩むあなたの為に

快眠に命をかけるこの私が、生活習慣を直さなくても

眠りの質を上げる事が出来る方法をご紹介しましょう!

眠りの質とは寝室の質と同義なり!

 

眠りの質を上げようと思ったら、まず出てくるのが

規則正しい生活をしましょうという事です。

 

でも、これが出来るなら苦労しないよというのがホンネですよね。

 

そして、別に生活習慣をそんなに大幅に変えなくとも

眠りの質を上げる事は出来ます。

 

その方法とは、

 

 

 

 

 

寝室を変える事です。

 

 

 

 

 

寝室を変える?

 

 

ちょっと漠然としちゃっていますが、

別にこれはリフォームや立て替えをして

寝室を変えましょうと言っている訳では無いです。

 

要は、自分にとって寝るのが楽しみになる様な

睡眠環境を整えましょうという事です。

 

この寝室という睡眠環境を整えるだけで

規則正しい生活をしなくても

大幅に眠りの質を上げる事が出来ます。

 

良い寝室の条件とは

 

では、眠りの質を上げてくれる

良い寝室とはどの様なものでしょうか。

 

具体的には下記の様な条件に該当する寝室です。

 

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”] [check_list image=”check3-b”]

  • ベッド以外の物はほとんど無く、寝る為だけの空間になっている。
  • ベッドと窓の位置が離れている
  • 空調の管理が出来る空間である
  • 身体に合ったマットレスを使っている[/check_list] [/colored_bg]

 

基本的にはこの4つを満たす事が出来れば

あなたの寝室は良い寝室と言えるでしょう。

 

それでは、それぞれの条件について

細かく理由をご説明してみたいと思います。

 

ベッド以外の物はほとんど無く、寝る為だけの空間になっている。

 

これが意外と一番難しい条件な気がしますね。

 

要は、寝る空間と活動する空間を分ける事が大事なんです。

 

例えば、今の寝室にテレビやパソコン、

その他、娯楽などをたくさん置いていたりしないですか?

 

家に帰ってきて、テレビを見ながら寝っ転がっていると

いつの間にか眠ってしまっている、なんて事あるんじゃないでしょうか。

 

実は、寝室にテレビやパソコン、その他の娯楽等を

同じ空間に置くのは良く無いんです。

 

寝室は寝る為だけの空間とする事で、

寝室に入るだけで身体が勝手に眠る準備を始めてくれる様になります。

そうすると、今までの様にいつの間にか寝ているという訳では無く

ちゃんと身体も脳も寝る準備をしたうえで眠りにつく事が出来る為、

疲れも取れやすくなり確実に睡眠の質を向上する事が出来ます。

 

とはいえ、6畳1間などで、寝室と活動の場を分けられない方も

中にはいらっしゃると思います。

 

その場合はベッドの近くに娯楽を置かないとか、

テレビはベッドで見ない等、

ベッドは眠る為だけの物と認識させる事が重要です。

 

ベッドと窓の位置が離れている。

 

これ、意外と皆さん知らないんですが、

実はベッドは窓際に置くのは良く無いんです。

 

私も以前、朝日を浴びた方がいいんじゃないかと思って

窓際にベッドを配置していたのですが、

これが実は快眠の点からは誤りでした。

 

どういう事かと言うと、人は光を浴びて14-16時間後に

睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されます。

 

例えば、夏に窓際にベッドを置いていて

朝日を6時頃に浴びたとします。

そうすると、20-21頃にメラトニンが分泌され

段々と眠くなって、大体22-23時頃には就寝するというリズムを作ります。

 

 

お気づきでしょうか。

 

 

そうなんです。

 

 

 

ご存じだとは思いますが、朝日の昇るタイミングは

夏と冬では違いますよね。

 

そうすると、朝、身体が朝日を浴びるタイミングまで変わってきます。

結果、夏は早めに太陽の光を浴びてしまう分、

慢性的に寝不足になりますし、

冬は太陽の光を浴びる時間が遅くなる為、

遅くまで目が覚めてしまい、生活リズムが狂います。

 

この様に、太陽の光によって

生活リズムを崩される事で睡眠の質を崩されない様に

ベッドは窓から離し、光を浴びるタイミングを自分でコントロールする事で、

良質な睡眠を確保する事が出来ます。

 

空調の管理が出来る空間である。

 

これはちょっとハードルが高い項目かもしれませんが、

睡眠の為の快適空間を作る上では大事な項目の一つになります。

 

あなたも経験があると思いますが、

夏の熱帯夜なんかは寝苦しくて目が覚めてしまう事ってありますよね。

 

もしくは、冬に寒すぎて寝れないなど、

部屋の気温は睡眠の質に大きく影響します。

 

例えば、夏は28度以上、冬は13度を下回ると

睡眠に悪影響を及ぼすと言われています。

 

なので、可能であれば夏は27度、冬は15度を

温度設定の目安とする事で睡眠にとって

快適な環境を維持する事が出来ます。

 

また、ここまで出来たら完璧というレベルでは

夏場、寝る前にエアコンで部屋を25-26度程度まで予め冷やしておくことで、

いざ、寝ようと寝室に入った瞬間心地良さを感じる事で、

さらに睡眠への満足度を高める事が出来ます。

 

同様に冬場は、予め15-18度くらいに温めておき、

さらに乾燥しない様に、就寝1時間前に睡眠環境を整えておくのです。

 

ここまでする事で、眠る事自体が楽しみになり

さらに睡眠の質を上げる事が出来ます。

 

身体に合ったマットレスを使っている

 

そして、これが良い寝室の条件として最後の項目になりますが、

個人的には最も効果が高く、最も重要な項目と考えています。

 

実際、私はマットレスを変えた事によって

睡眠の質が驚く程上がり、こんなに幸せな気持ちになるなら

さらに上を求めたいと考えて今回紹介した項目を実践したという経緯があります。

 

そのくらい、快眠にとっては大事な項目なんです。

 

では、具体的にそんな快眠マットレスを選ぶうえで

どんな物を選んだらいいんでしょうか。

 

⇒整体師も認めた!寝心地の良いベッドはコレ!

 

それは、体圧分散性が高く、厚さのあるマットレスです。

 

まず、マットレスをちゃんと選んだ事無い方は

ご存じ無いかもしれませんが、

マットレス選びでは体圧分散が非常に重要になります。

体圧分散とは、身体の一部に集中しがちな圧力を

身体中に均等に分散してくれる効果の事です。

 

⇒体圧分散とは?マットレスマイスターの私が徹底解説しちゃいます!

 

人の背中はまっすぐでは無く、ゆるいS字になっており、

肩胛骨とお尻が出っ張っています。

 

その為、仰向けになるとどうしても

肩胛骨とお尻に圧力が集中してしまいがちにになるんです。

 

そうすると、腰を痛める原因になったり、

肩胛骨やお尻付近の筋肉の疲労が取れず、

翌朝も疲れが残ってしまう事になるのです。

 

これが、寝たはずなのに疲れが取れていない大きな原因になります。

 

その為、マットレスを選ぶ際は

この体圧分散性の高いものを選ぶ事で

身体にかかる圧力を分散し、疲労を蓄積させずに

一晩眠る事で疲れを取り除く事が出来るという訳です。

 

また、マットレス選びにおいてもう一つ重要なのが

マットレスの厚さです。

 

意外と皆さん軽視しがちなのですが、

厚さは寝心地の良さを左右する重要な要素です。

 

もし、マットレスや布団の厚さが2-3cmなどの薄いものだと

寝返りを打った際に底付き感を感じたり、

寝心地が硬めになってしまうので、出来るだけ厚い方がいいです。

 

私も、マットレスを選ぶ時は

絶対に同じシリーズの1番厚いものを買う程

マットレスの厚さにはこだわっています。

 

そして、これらの要素を揃えたうえで

最もおすすめのマットレスが

当サイトでもイチオシしている

雲のやすらぎというマットレスです。

 

雲のやすらぎはネット販売のみで

CMもほとんど打っていない為、一般の認知度は低いのですが、

広告費が販売費に乗らない分、

他のマットレスに比べてリーズナブルにも関わらず、

整体師も認める程の体圧分散性と、厚さ17cmという

極厚なマットレスで、ネットでは非常に有名な商品です。

 

⇒雲のやすらぎの評価は?快眠マイスターの私が徹底レビュー!

 

私自身、このマットレスを愛用しており、

正に今の天国と言える私の寝室を作っている

最大の功労者と言えると思います。

 

もし、あなたが今、ただの敷き布団や

ニトリや楽天等で買った、安価なマットレスを使っているのであれば

絶対にこの寝心地に感動するはずです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

参考になりましたか?

 

今回ご紹介させて頂いた項目は

全く生活習慣とは関係無かったですよね。

 

私も本当にずぼらな性格で、規則正しい生活とか全く出来ていません。

 

それでも、自分の身の回りの誰よりも

良質な睡眠を取っている自信があります。

 

それくらい、睡眠環境を整える事によって

睡眠に満足しているという事なんです。

 

空調や、マットレスなんかはお金がかかってしまう部分なので

お財布の状況によっては簡単では無いかもしれません。

 

それでも、私からすると規則正しい生活で

ストレスを感じながら眠りの質を上げるよりも

よっぼど楽で効果的な方法だと思っています。

 

だって、マットレスなんて、何度も買うものでも無いですし、

5年換算であれば1日20円の出費だけです。

 

1日20円で、

自分の寝室が天国と思える程の快眠が手に出来るなら、

めちゃめちゃお得だと思いませんか?

 

もし、あなたが良質な睡眠を得る事で

毎日をストレス無く、快適に過ごしたいと思うならば

お金を掛けてでも、あなたの睡眠環境を整える事をおすすめします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>