眠りに命をかける私が実践する、深い眠りにつく方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Vive La Palestina

朝、気がついたら目が覚めていて

 

「え?もう朝なの?」

 

と自分が寝ていた事にさえ気づかないほどの熟睡・・。

 

 

眠りに悩む人なら誰でも夢見る事だと思います。

 

私も、疲れきった後に、ベッドで泥の様に眠り

朝、気がついたら目が覚めていると、最高の気分になります。

 

朝から最高の気分だと、1日良いことありそう!って

テンションもあがって良い感じですよね。

 

でも、これだけ深い眠りにつく方法には

いくつかコツがあるんですよね。

 

そこで今回は眠りに命をかける私が実践する

深い眠りにつく方法についてご紹介しちゃいます!

深い眠りにつく方法はこの3つだけ!

 

深い眠りにつく方法について色々と検索してみると

なんだか色々な事をやらなければいけないみたいで

ちょっと辟易しちゃいますよね。

 

私も色々調べていて、こんなにやらなければいけないの?と

ちょっと面倒な気持ちになった事がありますので、良くわかります。

 

という事で、今回は私が現在実践していてかつ、

強い効果を感じた3点に絞って深い眠りにつく方法についてご紹介したいと思います!

 

睡眠の2時間前に食べるご飯の量を減らす

 

さて、しょっぱなから恐縮なのですが、

睡眠の2時間前にご飯を食べてしまっている方は

ご飯を食べる量を減らして下さい。

 

え?

 

仕事が夜遅いからご飯食べるのも遅いからしょうがない?

 

 

 

 

 

なるほど、なるほど

至極まっとうなご意見ですね。

気持ちはわかります。

理解も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、頑張って下さい・・!

 

実はコレが眠りを深くするうえで非常に重要になります。

 

眠る2時間前にご飯を食べてしまうと、

胃腸が消化しようと動いてしまう為、

体が休息出来なくなってしまいます。

 

そうすると、眠りが浅くなってしまい、

深い眠りなどとうてい出来ないのです。

 

私も夜が遅い仕事だったので、

寝る前にたくさんご飯を食べてしまっていました。

 

仕事で疲れて帰ってくると、

お腹ぺこぺこでどうしてもたくさん食べてしまいますよね。

 

ですが、深い眠りにつく為にどうかこのご飯の量を減らして欲しいのです。

ご飯を減らす事で、胃腸にかかる負担も軽くなり、

睡眠の質も高くなる上にダイエットにもなる

ので、一石二鳥ですよ!

 

グリシンを摂る!

 

深い眠りにつくにあたって、おすすめなのが、

グリシンを摂る事です。

 

グリシンというのはアミノ酸の一種なのですが、

近年、研究で睡眠に効果があるという結果が出てからは

睡眠改善サプリとして、非常に人気になりました。

 

このグリシンの具体的な効果としては、

体の深部の体温を低下させる作用があります。

 

実は人間は寝ている時の深部体温を下げる事で

深い睡眠に入る事が出来るのです。

 

例えば、寝る前にお風呂の湯船につかると良いと、聞いた事ないですか?

 

あれも、お風呂で深部体温を上げた後に

体温が下がっていく過程で眠くなる為

寝る前にお風呂に入る事がおすすめなんです。

 

グリシンは同じ様に、寝る前の体温放熱を促進する為、寝付きを良くし

更に深部体温を下げる事で眠りを深くする効果があるんです。

 

私もずっと使っているのですが、

アマゾンで2000円くらいで売っているのでおすすめです!

 

マットレスを変えること

 

そして、深い眠りにつくにあたって、

個人的に一番効果的だったのが、マットレスを変えた事です。

 

先ほどご紹介した2つのポイントはいわば準備運動みたいなもの。

 

まさに深い眠りにつくまでの準備段階ですよね!

 

どれだけ、念入りに準備したとしてもここでミスったら全ておじゃんです!

 

そのくらいマットレス選びが深い眠りにつくにあたってキモになります。

 

そして、深い眠りにつく際の重要なポイントが

 

寝返りの打ちやすさです。

 

人は一晩で20-30回の寝返りを打つのですが、

寝返りを打つ時に、自然に寝返りが打てないと

脳が目覚めてしまい、眠りが浅くなってしまいます。

 

そこで、おすすめなのが、高反発マットレスです。

高反発マットレスは反発力が高い為、

体が寝返りを打つ際に、無駄な力をかけなくても

体が自然に寝返りを打つ事を助けてくれる効果があります。

 

さらに、高反発マットレスはお尻や肩胛骨などに集中しがちな圧力を

体全体に分散する体圧分散力も高い為、理想的な姿勢で眠る事を助けてくれます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

深い眠りにつく方法としては他にも色々な方法などありますが、

あんまりにもたくさんあると、全く実践出来ないと感じてしまうかもしれないので

今回は実際に私が試して効果の高かったものからご紹介しています。

 

特に、マットレスを変える事というのは効果抜群です!

 

マットレスを変えた事で、腰痛も和らぎ、眠りの質も良くなった為、

更に良い睡眠を求めて、お金が出来るとすぐに新しいマットレスを買ってしまいます。

 

マットレスというのはそれだけ睡眠の質を左右する非常に重要な寝具になるので

深い眠りについて人生を充実させたいのであれば、

是非、変えて見る事をおすすめします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>