本当に無料?マットレスの正しい処分方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
scrap-iron-404081_640

いざ、マットレスを買い換えようと思った時に

今、あるマットレスをどうやって処分すればいいかって実はあんまり知らないものですよね。

 

また、廃品回収業者が無料で引き取りとか言ってるけど

本当に買い取ってくれるのか疑問ですよね。

 

という事で、マットレスを買い換えようと考えている方の為に

マットレスの正しい処分方法についてご紹介してみたいと思います。

 

マットレスの正しい処分方法は?

マットレスの処分方法としては

主に下記の3つになります。

[colored_box color=”light‐blue” corner=”r”] [check_list image=”check3-b”]

  • 粗大ゴミの回収
  • 廃品回収業者
  • 買い換え時の引き取り

[/check_list][/colored_box]

粗大ゴミの回収

 

なんだかんだ言って、この方法が最も簡単かつ確実です。

何よりも御願いする先が公共機関になるので信頼度も抜群ですね。

 

手順としても非常に簡単で、

 

[colored_box color=”light‐blue” corner=”r”]

  1. あなたの済んでいる地区の粗大ゴミ回収センターを調べる(名称はいろいろ)
  2. 調べた粗大ゴミ回収センターに電話をかける
  3. 回収にきてもらう日時を予約する。
  4. コンビニで手数料の支払いを行い、シールをもらう
  5. 回収当日に粗大ゴミのシールを貼って指定の場所に置いておく。

[/colored_box]

 

この5つの手順でマットレスを処分する事が出来ます。

 

普通にゴミを捨てるよりは大変ですが、大した手間では無いです。

何より処分費が1000円程度なので、

財布のダメージもほとんど無いですからね。

 

マットレス買い換え時の引き取り

私は経験が無いのですが、マットレスを購入するお店によっては

マットレスを引き取ってくれるお店もあるみたいです。

 

ただ、マットレスなどの大きなものは基本的にネットで買う事が多い為、

今後も使う機会は無いかもしれないですね。

 

また、マットレスの処分の仕方に悩んでいる人には

今更知っても意味無い情報ですよね(爆)

 

廃品回収業者を使う

 

さて、この部分が一番気になる部分なのかと思います。

 

廃品買取業者って、お昼から夕方過ぎくらいに

軽トラのスピーカーで「廃品買い取ります♪」って大音量で流しているあれですね。

 

中には「無料で引き取ります」なんて流している業者さんもいます。

 

では、実際に無料で引き取ってくれるかというところですが、

 

答えはNOです。

 

正直、無料で回収というのは釣り餌みたいなものです。

 

無料で買取りますって言うと、必ず声をかけてくる人がいます。

 

それはマットレスでなくとも、冷蔵庫や洗濯機など

自分で処分するのが面倒なものを

無料で処分してくれるならして欲しいという気持ちですよね。

 

ところが、実際呼び止めてみると、色々な理由をつけて

 

「これは無料で引き取る事は出来ない。引き取るのであれば●●円はかかる」

 

と言われてしまいます。

 

そこで、「そうですか。ならいいです。」と言えるならいいのですが

多くの人は強く断る事も出来ず、その場でなし崩しに

無駄に高いお金で廃品回収業者にお金を払ってしまうというわけです。

 

そして、後で調べてみると粗大ゴミの回収よりも高い事に気づき、

損した事がわかるという事なんです。

 

ちなみにこれは、

私の体験談でもあります。(泣)

 

まとめ

 

さて、ここまでマットレスの処分方法についてご紹介しましたが、

なんとなく答えはわかったんじゃないでしょうか。

 

そうなんです。

 

無料で処分は出来ないんです。

 

もしかすると、どこかにはボランティアで

無料で回収してくれる業者もいるかもしれないです。

 

でも、基本的にはあり得ないですよね。

 

そう考えると最も現実的かつ確実なのは

粗大ゴミ受付センターみたいな公共機関に回収を御願いする事なんです。

 

私は一度回収業者に騙された事があるので、

それ以来、やっぱ行政は偉大だなと崇拝しています。

 

もし、マットレスの処分を検討されているのであれば

迷わず、行政に御願いする事をおすすめします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>