朝起きられない人必見!超簡単にできる対策方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: tankgirlrs

朝が目が覚めた時、時計を見てみると

 

朝9時・・・・。

 

ヤバイ・・・。完全に寝坊してしまった・・・。

 

あなたもこんな風になった事は無いですか?

 

目覚ましも掛けているのに、ちゃんと時間通りに目覚められない。

 

寝坊したくないのに、どうしても朝起きられない・・・。

 

私は今でこそ、時間通りにスッと目が覚めて

寝坊する事も無く、朝から元気に過ごせていますが、

学生時代は

テスト当日に寝坊して単位を落とす程の寝坊助でした。

 

この寝坊グセを改善出来た要因は睡眠の質を改善する為に

マットレスを変えた事や、生活を変えた事も大きいですが、

その中でも

朝起きられない方の為に超簡単にできる対策方法について

ご紹介してみたいと思います!

朝起きられない人でも今日から出来る対策方法とは

 

あなたは夜眠る時、どうやって寝ていますか。

 

アラームをセットして、何も考えずにそのまま眠ってはいませんか?

 

実は、ここに重要な対策方法が隠されているのです。

 

その方法とは

 

 

 

 

 

 

 

「明日は●●時に起きる!」と

口に出す事です!

 

 

 

 

 

 

 

え?そんな事?

 

と思われた方、舐めたらアカンですよ。

 

実はこの方法、ちゃんと科学的根拠も認められた正道な方法なんです。

 

どういう仕組みで起きられるのか

 

こんな簡単な方法で起きられるなら苦労しないよ!

 

と思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで、改めて、目覚めたい時間を口に出して

強く念じるだけで起きられる仕組みについてご説明しましょう。

 

ポイントはコルチゾールという脳内ホルモンです。

 

人は起床時刻の数時間前からコルチゾールという

脳内ホルモンを分泌させ始めます。

 

このコルチゾールは血糖値や血圧、心拍数や

体温などを上げる事によって、身体が目覚める準備をします。

 

人間の脳というのは本当にすごいなと思うのですが、

実は翌朝、何時に起きるかを脳がわかっていると

それに合わせてコルチゾールが分泌されるという事なのです。

 

つまり、口に出して「明日は●●時に起きる」とつぶやき、

強く念じれば、脳がちゃんとコルチゾールを準備してくれるというわけです。

 

ちなみに私はこの効果を高める為に、

寝る前にアラームをセットし、時計で時間を確認したうえで

「明日は●●時に起きる!」とつぶやいて強く意識してから眠る様にしています。

 

この方法を初めたのはマットレスを変える前なのですが、

この方法以降、一度も寝坊した事はありません。

 

寝坊しましたといって遅れる時も人には言えませんが、

実は故意に寝坊しており、本当は一度目が覚めています(爆)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

参考になりましたでしょうか。

 

正直、初めて聞いたときは眉唾もので全く信じられなかったのですが、

お金も時間もかかりませんし、やって損は無いと思って初めてみたのですが

これが効果抜群で本当にびっくりしました!

 

信じられなかったとしても、今日から寝る前の5秒で出来るので

朝起きられないと悩んでいる人は是非一度試して見て下さい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>