低反発マットレスのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
newborn-501637_640

 マットレスを購入しようと思った時に まず、思い浮かんでくるのは低反発マットレスだと思います。   私も腰痛に悩み始めて、まず初めて購入したのが低反発のマットレスです。   そこで、今回は実際に低反発マットレスを使ってみて感じた 低反発マットレスのメリット・デメリットについてご紹介してみたいと思います。

低反発マットレスのメリット

  ■寝心地が最高に気持ち良い

■冬場は本当に温かい

■寝返りを減らしてくれる

マットレスに包まれる様な寝心地

  一番のメリットと言えば、とにかく寝心地が最高という事ですね。   私は20代前半の頃、突然腰痛を発症してしまい、 それ以来、慢性的な腰痛に悩まされていました。   夜眠る時はすのこのベッドに布団を引いて寝ていただけだったのですが、 それまで気にならなかったベッドの硬さがとても気になる様になりました。   その際に思い切って低反発のマットレスを購入してみたのですが、 本当に感動しました!!   今まで腰にかかる圧力がとても気になっていたのですが、 低反発マットレスは身体の形にぴったりと変化するので 身体にかかる圧力が分散され、腰への負担も全く感じなくなりました。   また、マットレスの形が身体にぴったりと変化する為、 マットレスに包まれている様な気がして、横になるのが本当の気持ち良いです。

冬場でも掛け布団1枚で足りる程の温かさ

  そして、低反発マットレスの優れているところは 保温性に優れており、とにかく温かい事です。   低反発マットレスは寝る人の体重、体型に合わせてぴったりの形に変化する為、 熱を逃がさず、保温性が抜群に高いのです。 その為、冬場でも掛け布団1枚で足りるとさえ言われています。

寝返りを減らしてくれる

  人は1日に20回程度は寝返りをすると言われています。   ただ、あまりにも寝返りの回数が多いと 熟睡する事が出来ない為、かえって快眠を妨げてしまいます。   体圧分散が出来ておらず、部分的に圧力が集中してしまうような 硬いマットレスを使っていた方は身体が部分的な鬱血を防ぐ為に 寝返りが増えてしまい、快眠が出来ません。   そんな方には体圧分散性に優れ、身体にぴったりと形が変わる 低反発マットレスを使う事で寝返りの回数を減らし、熟睡する事が出来る様になります。

低反発マットレスのデメリット

  ■通気性が低い ■耐久性があまり高く無い ■体重が重い人には向かない

通気性が低い

  先ほどのメリットで保温性が高いとご紹介しましたが、 実はそれは通気性が低いというデメリットにもなってしまいます。   低反発マットレスは低反発ウレタンを素材として使っており、 その特性として、温かい部分が柔らかくなり、 形が変わった部分がゆっくりと復元するという特性があります。   ゆっくり復元するという事は空気が入りにくくなっているという事になります。 その為、通気性はどうしても低くはなってしまいます。   また、マットレスは表面密度が高い為、 汗を吸収しづらくなっており、表面に残ってしまう事があります。 これがムレ感の原因にもなってしまいますね。   ただ、最近の低反発素材はメーカーの企業努力により それほど気にならなくなっており、 実際に使ってみても、ムレ感を感じる事は特に無かったです。

耐久性が低い

  個人的にはこれが1番ネックかなーと思っています。   低反発マットレスは、素材が柔らかい分、 長く使っているとへたりやすい気はします。   特に湿気対策をせずに使い続けてしまうと 5年持たない気がしますね・・。   私は低反発マットレスが湿気に弱いと知らず、 特に湿気対策せずに使い続けたところ、 5年程度でへたりを感じてしまい、 マットレスを買い換えてしまいました。

体重が重い人には向かない

  低反発マットレスは、身体にぴったり沈む事で 体圧分散性が優れているという事がメリットなのですが、 これが体重の重い人だと、効果が薄くなってしまいます。   体重が重いとお尻や肩などの沈み込みが大きくなってしまい、 低反発の体圧分散性が低くなってしまうのです。   だからこそ、筋肉の多いスポーツ選手には あまり向かず、低反発マットレスは 女性や体重のあまり重く無い人に向いています。

まとめ

  いかがでしたでしょうか。   最近は巷では低反発マットレスよりも、 高反発マットレスが人気のようです。   ただ、私は低反発にも高反発にもそれぞれ良い点があると思いますし、 個人的には低反発のあの寝心地の良さは大好きです。   あなたも是非、今回ご紹介した様なメリットとデメリットを踏まえて 自分に合うと思うマットレスを使って心地良い眠りを手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>