低反発マットレスで腰痛が悪化?その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Hans Kainz

マットレスを変えようと低反発マットレスについて調べていると、

 

「低反発マットレスは腰痛を悪化させる!」

 

という様な記事や書き込みを見て、

ちょっと不安になったりしちゃいますよね。

 

腰痛に効くと思っていたのに、

腰痛が悪化するというのはどういう事なの?

と疑問に思われるかと思います。

 

そこで、今回は低反発マットレスで腰痛が悪化する理由について

紹介してみたいと思います。

 

低反発マットレスで腰痛が悪化する?その原因とは!

 

腰痛が辛いから低反発マットレスを買おうと思ったのに

腰痛が悪化するってどういう事なの?

本当に低反発マットレスで腰痛が悪化するの?

 

と疑問に思われる事もあると思います。

 

そして、結論から言ってしまうと

 

 

 

低反発マットレスで腰痛が悪化する事はあります。

 

 

 

 

腰痛が悪化するなんて詐欺じゃん!

 

って思っちゃいますよね。

 

ただ、別に詐欺ではないのです。

大事なのは、どんな人が低反発マットレスを使うかという事なんです。

 

低反発マットレスで腰痛が悪化するかは人による

 

低反発マットレスというのは、反発力が低く、

押してみるとその形に変化し、

寝る時に身体の形ぴったりに変化する事で

腰や肩に集中しがちな圧力を均等に分散する事が出来る

 

というのが、大きな特徴です。

 

ただ、これも人によっては逆効果だったりします。

 

例えば、筋肉質でがっちりした方や、

体重が重めな方は腰痛が悪化する可能性もあります。

どういうことかというと、

 

例えば、低反発マットレスがどれだけ、

身体の形ぴったりに変化すると言っても

体重が重かったりすると支えきれない部分が出てきます。

 

筋肉質の方や、体重の重い方なんかだと、

腰が重くて、低反発マットレスでは支えきれず、

必要以上に沈んでしまう可能性もあるのです。

 

その為、理想的な寝姿勢を保つ事が出来ず、

腰が沈み過ぎてくの字の様になってしまい、

かえって腰痛が悪化する可能性もあります。

 

これが、人によっては低反発マットレスで腰痛が悪化する原因になってしまうんですね。

 

低反発マットレスで腰痛が悪化する理由は耐久性?

 

もう一つ、低反発マットレスで腰痛が悪化する理由として

あげられるのが、耐久性です。

 

低反発マットレスは自分の身体にあった形に変化し、

ゆっくりと復元するという事が特徴なのですが、

実は、長く使っているとこの復元力が弱くなります。

 

簡単に言うと、いつも自分の寝ている形のまま

へこんでしまうという事ですね。

 

そうすると、体重がかかりやすい腰の部分などは

さらに沈み過ぎてしまい、正しい姿勢を保てなくなり、

体重の軽い人でも腰痛を悪化させる原因になります。

 

ここは、メーカーもあまり伝えない部分だったりするので

ちゃんと知っておきたい部分ですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

低反発マットレスは確かに腰痛には効きます。

 

実際、私も最初のマットレスは低反発マットレスで

腰痛がすごく軽くなったので感動したのをよく覚えています。

 

ただ、確かに2年程使うとマットレスが

完全に自分の身体の形にへこんでしまって

ちょっと違和感を感じ初めてしまうんですよね。

 

個人的には寝心地も最高に気持ちが良いので好きではあるんですが、

腰痛が気になる人には高反発マットレスをおすすめしています。

 

その中でも特におすすめしているのが、

このサイトでもイチオシの雲のやすらぎですね!

 

雲のやすらぎは高反発マットレスなのですが、

厚さが17cmもある為、フカフカ感もあって寝心地が抜群なんです!

 

高反発マットレスは結構硬めなので、起きる時には身体が軽くて気持ち良いんですが、

寝る時には少し硬めの寝心地に最初は違和感を感じるかもしれません。

 

でも、雲のやすらぎは17cmの極厚マットレスのおかげで

その高反発ながらもフカフカ感もあって、ほとんど違和感を感じません。

 

別の記事でも詳細にレビューしているので、是非参考にしてみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>