ムアツ布団は腰痛に効くのか?腰痛持ちの私が徹底レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: theloushe

最近ではエアウィーヴ、西川エアー、雲のやすらぎなど

様々な体圧分散かつ腰痛対策のマットレスが売られていますが、

少し前は体圧分散布団と言ったらムアツ布団でした。

 

でも、それって過去の栄光じゃないの?

 

と思われる方もいるんじゃないかと思います。

 

そこで、長年腰痛に悩まされてきた私が

実際にムアツ布団を使ったうえで

腰痛に効くのかをご紹介したいと思います。

 

腰痛予防には問題無し

結論から言うと、ムアツ布団が腰痛に効くのかという点については

 

 

全く問題無いです。

 

 

正直、さすが元祖体圧分散マットレスという感じですよね。

 

何より、30年以上の実績がある事からも

その効果というのは何となくわかるんじゃないでしょうか。

 

実際、私も使ってみたところ、

驚く事に身体に本当に力が入らないんですよね。

 

これは力が抜けているという事では無く、

ムアツ布団の多くの突起部分が綺麗に身体を支えてくれているので

完全に身体を布団に任せてしまう事が出来るのです。

 

何より、寝心地が柔らかいんですよね。

 

エアウィーヴは比較的しっかり支えてくれている感じなのですが、

ムアツ布団は非常に優しく支えてくれています。

 

⇒エアウィーヴの意外なデメリットとは?

 

もちろん、柔らかくて身体が沈むという事では無く、

しっかり支えてくれながら、タッチが優しいんです。

 

まるで母に抱かれる赤子の様な感覚です。

 

まあ、母に抱かれる感覚なんて覚えてないんですけどね。

 

とまあ、とにかくソフトにしっかりと支えてくれる感覚で

非常に心地が良いです。

 

さすが、「ムアツ布団」という感じです。

 

直置きの場合は注意が必要

とまあ、結構べた褒めしてしまいましたが、

実は少し気になるところもあります。

 

ムアツ布団の購入を検討される方はベッド、

もしくは畳や床に直置きを検討されているかと思います。

 

その際、もしかすると床の硬さを感じてしまって

少し腰が緊張してしまうかもしれないです。

 

例えば、あなたが今マットレスで寝ていて、寝心地改善の為に

今あるマットレスの上にムアツ布団を置くのであれば、

よほど元のマットレスが柔らかくない限り問題は無いと思います。

 

ただし、マットレスでは無く、床や畳、もしくはベッドフレームに

直置きで使用される場合は腰が緊張する可能性があります。

 

少なくとも、腰痛持ちの私は直置きの際には

腰が気になってしまいました。

 

直置きで心配な人におすすめなのは

もし、あなたが直置きを検討されていて、

腰痛が心配なのであれば、厚さのある敷き布団やマットレスを選ぶべきです。

 

そこで私の一番のおすすめが雲のやすらぎです。

 

この敷き布団の特徴は厚さが17cmという事で

極厚な為、地面の固さを感じなくてすむという事です。

 

ちなみにこの厚さがどれだけすごいかと言うと、

エアウィーヴの畳直置き用ラインである、エアウィーヴ四季布団が厚さ10cmです。

 

また、西川エアーの厚さが8cmなので、倍以上の厚さという事ですね。

 

実際に私はどちらも床に直置きで使ってみましたが、

どちらも床の硬さを感じてしまって、少し腰が緊張してしまいました。

 

ところが、雲のやすらぎは17cmもあるので、

直置きしても全くと言っていいほど床の硬さを感じる事が無いのです。

 

もし、床の硬さを感じてしまうと、腰が緊張し続けてしまう為、

疲れが取れず、腰痛が悪化する可能性があります。

 

また、体圧分散性についてなのですが、

ここは各社さん共にそれほど大きな差は無いので、

直置きを検討しているのであれば、雲のやすらぎが個人的にはおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

参考になりましたか?

 

正直、マットレスや敷き布団選びというのは

フィーリングの要素の要素が強いと思います。

 

体圧分散とか性能面では大きな差は無いですからね!

 

ただ、厚さだけは寝心地を左右するので

必ずチェックする事をおすすめします!

⇒雲のやすらぎの評価は?快眠マイスターの私が徹底レビュー!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>