サルでもわかる!質の良い睡眠をとる2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Rachel.Adams

質の良い睡眠を取る事で、無駄な睡眠時間を減らし

もっと自由な時間を増やしたいと思いますよね。

 

無理に睡眠時間を削る事は健康の問題からも

あまり進める事は出来ませんが、

質の良い睡眠を取る事で少ない睡眠時間でも効果的に休息を取る事は出来ます。

 

私自身、元々は毎日8時間以上、日によっては12時間寝るという程、

惰眠をむさぼっていたのですが、さすがに年を重ねると

この時間が無駄なんじゃないかと焦ってきました。

 

そんな私も今では綺麗に6時間ほどで目が覚める様になりました。

 

別に頑張って起きている訳では無いんです。

 

ただ、質の良い眠りが取れている為、少ない睡眠時間でも

身体を休める事が出来ている為、自然と目が覚める様になったのです。

 

これは、8時間寝ていた頃と比べて

自由な時間が30日間増えた計算になります。

 

そこで、今回はサルでもわかる様に、

質の良い眠りを得る方法についてご紹介したいと思います。

 

睡眠の質は2つに分類される

質の良い眠りを得る為の方法は

大きく分けて下記の2つになります。

 

  • 生活習慣の改善
  • 睡眠環境の改善

 

生活習慣の改善

これは皆さんも良くご存じかもしれませんが、

暴飲暴食をせず、喫煙、飲酒を止めて

規則正しい聖人の様な生活を送る事が出来れば

あなたの睡眠の質は驚く程変わります。

 

また、それ以外にも

 

  • 寝る3時間前にはご飯を食べない
  • お風呂には寝る2時間前に入る
  • ベッドでスマホをいじらない

 

などなど、睡眠の質を上げる為に生活習慣を変える事が出来れば

あなたの睡眠の質を飛躍的に高める事が出来ます。

 

しかし、実際に禁煙、禁酒、節制など

やろうと思うとなかなかの意志の力が必要ですよね。

 

睡眠環境の改善

そしてもう一つの方法が睡眠環境の改善です。

 

これは簡単に言えば、寝室や寝具などの

睡眠の為の環境の改善の事になります。

 

わかりやすい例を挙げると

 

  • 寝室には寝る為のもの以外置かない
  • 快適に寝れる温度設定
  • 寝室を適切な色で統一する
  • 身体に合うマットレスに変える。

 

などがあります。

 

寝室には寝る為のもの以外置かない

 

あなたは寝室で寝る以外の事、例えばテレビを見たり、

マンガを読んだりしていませんか?

 

実はこれが快適な睡眠環境の妨げになっていたりします。

 

寝室は寝る為の部屋であって、寝る以外の事が出来てしまうと、

睡眠に入る事を阻害してしまう可能性があるのです。

 

なので、出来れば寝室は寝る為のもの以外置かない様にしましょう。

 

快適に寝れる温度設定

 

人は夏は28度以上、冬は13度以下で眠りに悪い影響が出てしまいます。

 

夏の熱帯夜なんかは特に寝苦しくて目が覚めるという経験をした人は

たくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。

 

部屋の温度というのは、快眠の妨げになってしまう可能性がある為、

可能であれば夏は27度、冬は15度を目安として温度設定する事で

睡眠に悪影響を与えない環境を作る事が出来ます。

 

寝室を適切な色で統一する

 

寝室の色が睡眠環境に大事だというのは

あまり知られていないんじゃないかなと思います。

 

実は、人は寝室の色によって、睡眠の深さが変わってしまうんです。

 

そして、実はもっとも睡眠の深さが深くなる色は青色であると言われています。

 

なので、寝具はもちろん、寝室まで青色で統一する事で

身体に取って非常に快適な環境になります。

 

身体に合うマットレスに変える。

 

そして、睡眠環境の中で最も重要なのがこれですね。

 

このサイトもコンセプトは「マットレスで快適な睡眠を」なのですが

そのくらい、マットレスは深く質の高い睡眠を得る為には重要です。

 

マットレスを変える事で快適な睡眠を得られる理由はいくつかありますが、

一番重要なポイントは体圧分散性です。

 

人の背骨はゆるいS字カーブになっている為、

仰向けになった際には出っ張っている肩胛骨とお尻で

体重のほとんどを支える事になります。

 

その際、体圧分散性が低いマットレスを使うと

肩胛骨とお尻にかかる圧力を分散出来ず、身体の1箇所に疲労をためてしまいます。

 

そうすると、圧迫されて寝苦しい為、無駄に寝返りの階数が増えてしまい、

深い睡眠に入る事が出来ません。

 

また、身体をちゃんとやすませる事が出来ていないので

身体の疲れが上手く取れず、翌朝にも疲れが残ってしまいます。

 

これが、体圧分散性の高いマットレスを使用していれば

肩胛骨やお尻に集中しがちな圧力を身体中に均等に分散する事が出来ます。

 

そうすると、1箇所に疲れが溜まる事無く、

身体を休める事が出来る為、無駄な寝返りも減り

深い睡眠に入る事が出来ます。

 

また、身体中に均等に圧力を分散する為、

身体も休む事が出来、翌朝に疲れが残らず

すっきりと目覚める事が出来るというわけです。

 

おすすめは睡眠環境の改善

さて、ここまで生活習慣の改善と

睡眠環境の改善についてご紹介してきました。

 

最終的にはどちらも改善した方が確実に質の高い睡眠を得られます。

ですが、どちらもそう簡単に出来るわけないですよね。

 

その際、どちらを優先するかと考えるのあれば

おすすめは睡眠環境の改善です。

 

理由は非常に簡単です。

それは

 

頑張る必要が無いから

 

です。

 

正直なところ、生活習慣の改善は非常にハードルが高いです。

 

いくら睡眠の為とは言え、聖人の様に生きろと言われても

さすがに厳しいものがありますよね。

 

もし、生活習慣を改善するとなると

強い意志を持って頑張る必要があります。

 

そして、普通の人はそんな事出来ないので挫折してしまうという訳です。

 

ところが、睡眠環境の改善にはそんなもの全く必要ありません。

必要なのはマネーだけです。

 

例えば、エアコン代や青色のシーツ代、

そして新しいマットレスなど

お金を払うだけで解決出来る事なのです。

 

特にマットレスは安い買い物では無いので

ちょっと躊躇してしまうかもしれませんが

生活習慣を変えるよりはよっぽどハードルが低いと思います。

 

例えば、このサイトでおすすめしている

雲のやすらぎというマットレスは39,800円なのですが

これは5年使うと仮定した場合、1日あたり21円になる計算です。

 

 

 

冷静に考えて見て下さい。

 

 

 

 

1日21円で快適な睡眠が手に入ると考えたら

ものすごくお得な事だと思いませんか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

質の高い睡眠を取る方法について参考になりましたでしょうか。

 

正直、他にも方法というか

コツみたいなものはたくさんあるのですが、

まずは、睡眠環境の改善から始めてみる事をおすすめします。

 

私自身、生活習慣は未だに改善出来ておらず、

非常に不規則な生活を送っていますが、睡眠環境だけは完璧なので、

毎日最高の睡眠をゲットしています。

 

あなたも是非、睡眠環境を改善して

質の高い眠りを手に入れて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>