それ本当?西川エアーのへたりを徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: paurian

新しくマットレスを購入する際に心配になる事として、

マットレスのへたりだと思います。

 

マットレスはなんだかんだ言って、安くは無い為、

買う際には本当に元取れるのか心配になりますよね。

 

そんな人達の中で西川エアーの購入を検討されている方の為に

西川エアーのへたりについて、

マットレスマイスターの私が徹底解説したいと思います。

 

基本的には心配無い

安い買い物では無いので、心配される方は多いと思いますが、

基本的には気にしなくて大丈夫です。

 

西川エアーは他の廉価な製品と違って、しっかりと研究されて作られているので、

普通に使っていれば7-8年は持つものなので、

正直そこまで神経質になる必要は無いです。

 

毎日風呂に入らず、ホームレスの様な臭いのするまま

寝ている様な人でなければ問題無いです。

 

購入しても確実に元は取れると思います。

 

ただ、ここも最低限やっておかなければならない事と

長く使う為のお手入れのコツはあります。

 

最低限やらなければならない事

西川エアーがいかにしっかりとした製品であるとは言え、

最低限の事をやらないとマットレスの寿命を縮める結果となってしまいます。

 

その中で最低限やらなければならない3つについてご紹介します。

  • 直置きであれば毎日マットレスを立てる
  • 部屋の換気をしっかりする
  • 掃除をしっかりする。

 

直置きであれば毎日マットレスを立てる

もし、あなたが畳やフローリングなど床に直接敷く事を

検討されている場合は、必ず毎日マットレスを立てましょう。

 

毎朝、起きてからマットレスを立てるのは

かなり面倒だと思われるかもしれませんが、

これをやらないだけで確実にマットレスの寿命は縮みます。

 

部屋の換気をしっかりする

冬の寒い時期なんかは窓を開けたくないと思ってしまうかもしれませんが、

せめて週に1回くらいは部屋の換気をして上げる必要があります。

 

マットレスは湿気に弱く、ダニやカビの繁殖の原因ともなるので

部屋の湿度を上げない為にも、週に1回くらいは換気しましょう。

 

掃除をしっかりする

普通の人は週1か2週に1回くらはベッドに掃除機をかけるなりして、

掃除を行っていると思いますが、私の様なずぼらな人間だと

どうしてもその辺雑になりがちだと思います。

 

今はマットレスを愛しているので、毎日綺麗にしていますが、

それほど愛着が無かった時はほとんど掃除などしませんでした。

 

しかし、掃除をしないとホコリやゴミが溜まり、

ダニの温床を作ったり、通気性を落としてしまう為、

マットレスの寿命を縮めてしまう原因にもなります。

 

どれだけ自分がずぼらでも、やらないと後で必ず痛い目見ますので

せめて2週に1回くらいはしっかりと掃除しましょう。

 

マットレスの寿命を延ばす方法

ここまでは最低限実施しなければいけない事だったのですが、

改めてマットレスの寿命をさらに延ばす、具体的な方法についてご紹介します。

  • マットレスの位置を変える
  • 2週に1回くらいは徹底して換気してあげる。

 

マットレスの位置を変える

これは意外と知らない人が多いのですが、

マットレスは1年毎にマットレスの上下逆を入れ替える事で

負荷のかかる場所が分散され、寿命を延ばす事が出来ます。

 

これはホテルでも実践されているテクニックで、

ホテルはお客様もたくさんいて、使用感もまちまちなので、

3ヶ月に1回は変えているようです。

 

2週に1回くらいは徹底した換気を行う

ここも実は重要で、全く換気しない様な部屋に

マットレスを置いておくと、湿気が原因でダメになってしまう可能性があります。

 

部屋の湿気というのは空気が入れ替わらないとどんどん上がってしまいます。

 

その為、可能であれば換気を行って、湿気があがるのを防ぐ必要があります。

 

そうする事で、より、湿気が溜まりにくい環境を作る事が出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんとなくわかりましたか?

 

西川エアーはカズとネイマールという2大スターを

CM起用した程、マットレス作りに本気です

 

そんな西川エアーが耐久性を捨てるとはとうてい思えませんよね。

 

ただ、ご紹介した通り、最低限の手入れというのは

必ず必要になってくるので、是非覚えていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>