えっホント?意外と知られていない脳梗塞予防法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Mic445

三大疾病の一つで日本人の死因第4位の脳梗塞。

 

突然、襲ってきて、場合によってはそのまま

命を落としてしまう非常に危険な病気です。

 

少し前になりますが、10月に脳梗塞で倒れてしまった

タレントの磯野貴理子さんが、年末の『行列のできる法律相談所』で

その際の闘病生活について語ってくれていました。

 

旦那さんがいなければ本当にそのまま死んでいたと

お医者様に言われていたそうです。

 

脳梗塞というのは、それだけ身近でかつ危険な病気なんです。

 

そんな脳梗塞について、日々の中で意識する事で

予防出来る方法をご紹介してみたいと思います。

 

脳梗塞の原因は高血圧

 

脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう事で起きる病気です。

 

そしてこれは、高血圧が原因となってしまう事が多いんです。

 

脳梗塞は、血流の圧力が強くなった影響で血管の壁が厚くなってきてしまい、

血液の通り道が狭くなる事で、いずれ血管が詰まってしまう事から起こります。

 

血管が詰まってしまうと、その先に血がいかなくなってしまう為、

脳に血が通らなくなって死んでしまうというわけです。

 

そして、血管の壁が厚くなってしまう原因が高血圧なんです。

 

どういう事かというと、高血圧ってそのままの意味で

血が流れる時の圧力が強いという事なんです。

 

血液が流れる時の圧が強いと、その強さに負けまいと

血管の壁がどんどん厚くなろうとしてしまう為、

血管が狭くなってしまうという事なんです。

 

不眠や浅い睡眠等、睡眠の質が脳梗塞を誘発する

 

脳梗塞の原因は高血圧だというのは

何となく分かっていただけたんじゃないでしょうか。

 

じゃあ、この高血圧の原因は何なんだ

 

という話になると思います。

 

原因としては肥満や不摂生など色々とありますが、

以外と知られていない、高血圧の原因が

 

睡眠

 

なんです。

 

意外と思われるかもしれませんが、

睡眠は意外と大きな影響をもたらします。

 

どういう事かと言うと、不眠や、質の悪い睡眠によって

高血圧になってしまうという事なんです。

 

人間は手を動かしたり、自分でコントロールする事が出来る

末梢神経と、汗をかいたり、血液を循環させたりと

自分の意志でコントロールする事が出来ない自律神経があります。

 

さらに、自律神経は興奮している時などに作用する交感神経

寝ている時やリラックスしている時などに作用する副交感神経に分かれます。

 

通常、寝ている時は副交感神経が働くのですが、

不眠や質の悪い睡眠の際には、交感神経が働いてしまいます。

 

そうすると、交感神経は休む事が出来ず、

アドレナリンが活発になってしまう事で血圧が上がってしまうという訳です。

 

そして、段々と血管の壁が厚くなってしまい、

血管が詰まってしまった結果、脳梗塞になって死に至るという訳です。

 

文章で書くとさらっとしていますが、

逆に言えば、こんな簡単な仕組みで死んでしまうんです。

 

脳梗塞を防ぐ為には睡眠の質を改善しよう

 

そして、ここからが本題になります。

今までの説明で、睡眠が脳梗塞に繋がる事は

理解頂けたんじゃないかと思います。

 

不眠や、睡眠の質を軽く見てしまう事で

脳梗塞になる可能性が上がってしまうんです。

 

だからこそ、今のうちから眠りの質を改善し、

不眠や質の悪い睡眠による血圧の上昇を防ぐ必要があるのです。

 

そして、睡眠の質を改善するには

大きく分けて、下記の2つに分けられます。

 

  • 生活習慣の改善による睡眠の質の改善
  • 睡眠環境の改善による睡眠の質の改善

 

生活習慣の改善による睡眠の質の改善

 

良くある生活習慣の改善です。

 

例えば、食べ過ぎない、飲み過ぎない、

喫煙を控える、脂っこいものを控える。

毎日同じ時間に起きる。

寝る時間は睡眠のゴールデンタイムである10:00

 

などなど、健康的な生活そのものです。

 

確かに実践する事が出来れば、睡眠の質を改善するだけで無く、

生活習慣病とは全く無縁な健康体になれるでしょう。

 

しかし、そこには生活習慣を変える為に

色んな事を我慢したり、継続する強い意志が必要となります。

正直、そこまで強い意志を持って

脳梗塞の予防を行うのって難しいですよね。

 

そこで、私がおすすめなのが、睡眠環境の改善なんです。

 

睡眠環境の改善による睡眠の質の改善

 

睡眠環境の改善とは、つまり

寝室、マットレス、枕、パジャマ等々

睡眠の為の環境全ての事です。

 

この睡眠環境を改善する事によって

確実に睡眠の質を改善する事が出来ます。

 

そして、私がこの方法を薦める理由が

努力がいらないという事です。

 

要は、体に合うマットレスを買うお金、

寝室を快適な温度に保つ為のエアコンの電気代、

肌触りの言いパジャマを買うお金、フィットする枕を買うお金、

 

などなど、

お金さえ払えば確実に睡眠環境を改善する事が出来ます。

 

⇒規則正しい生活ができない人必見!生活習慣を直さずに眠りの質を上げる方法!

 

確かに、マットレスなどはそんな簡単に買える程安くは無いです。

 

このサイトでもおすすめしている

「雲のやすらぎ」というマットレスは39,800円します。

 

⇒エアウィーヴと雲のやすらぎを比較!管理人のおすすめは?!

 

でも、考えてみて欲しいのです。

マットレスは1度購入すれば数年は使う事が出来ます。

 

通常は10年程度で買い換えますが、これを5年間としても、

 

年間で7,960円

1ヶ月で663円

1日で21円

 

です。

 

自分の意志も決意も努力もいらず、

1日21円払うだけで、毎日眠るのが楽しみになるくらいの

快適な睡眠と脳梗塞の予防が出来ると考えたらすごくお得だと思いませんか?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

睡眠の質が脳梗塞の原因になるというのは

意外と知られていない事だと思います。

 

でも、確かに1日の3分の1は寝ているので

自分の体に与える影響も3分の1はありそうですよね。

 

眠りの質を改善する事は健康というだけでなく、

毎日の睡眠を至福にしてくれる事なので

是非、眠りの質を改善する事を考えてみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>